巻き爪になってしまう理由で多いのは「爪切りの方法 」

こんにちは、巻き爪マスターの大塚です。

 

もうすっかり涼しくなりましたね〜。

秋なので、田舎から栗をたくさんもらいます。

父と母が剥いてくれたのも少し。

でも、ほとんどは鬼皮付き(普通の栗の状態ですね)、当たり前ですが。

なかなか皮を剥くのは大変で、すぐ指が痛くなっちゃうんですよね〜。

でもでも、栗の甘煮を作ると子供達もたくさん食べてくれてすぐなくなるし、栗ご飯は美味しいし。

コツコツ頑張っているところです。

 

皆さんも何か秋の味覚、楽しんでいますか?

 

さて、巻き爪で悩んでいらっしゃる方に「どうして巻き爪になったと思いますか?」

ときくと、

半分以上の方は、「気になって短く切ってたらどんどん巻いてきたんですよね」

というお答えです。

 

また、「なんでかわからない」

という方の中でも、半数の方が私が見て「爪切りの仕方が良くないな」と感じる方もいます。

 

どのようにした方が巻き爪にはならないのか、ということですが、

答えは、

短すぎないスクエアカットです。

img_1603

爪先と皮膚が当たらないように、

爪の先端が指の先端と同じくらいになるようにしましょう。

 

先端は真っ直ぐに切って、爪の両端は丸くせずに直角になるように切り、

最後に爪が引っかからないようになだらかに整えます。

 

だから、絶対に、「爪切りとヤスリ」が必要です。

当院で、矯正をして、ワイヤーを何度かまき直し、

根元から爪が上がってきたような方は、

ワイヤーを外した後の生活の中で、ご自分でこのような爪切りをしてもらっています。

 

爪の繊維って、外側から真ん中へ向かっているような感じだと思ってください。

ヤスリをかける時も、

ただゴシゴシするよりも、外側から内へ、反対も外側から内へ、って感じで。

そうした方が、ささくれません。

 

特に爪が巻いて、皮膚に当たっている時は、

ほんのちょっとのささくれのような爪のあたりでも、

炎症の原因となってしまうことがあります。

 

皮膚の状態にもよりますが、

膿みやすくなってしまうので、ヤスリは必須です。

 

今は巻いていて、こんなスクエアカットができるのか想像できなくても大丈夫。

回数をかけて爪をしっかりと上げていくと、

爪の本来の形が見えてきます。

%e7%88%aa%e5%8f%b3-2

%e5%b3%b6%e6%9c%ac%ef%bc%91

unspecified-11

 

そこで初めて、スクエアカットのイメージもできるはずですよ。

 

一人で悩まずにぜひお電話ください。

あなたとのご縁を心よりお待ちしております。

 

笑顔と感謝。

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る