ずっと痛い!巻き込んでいる。こんな巻き爪も良くなるの?

気がついたらこんなに巻いてて自分もびっくり!

先日ご来店いただいた50代の方は、

もう10年以上前から巻き爪でした。

 

10年前に他院でワイヤーを巻いて3ヶ月、、、

その後は、夏になりネイルをしたくなってしまい、ワイヤーをしなかったそうです。

 

それからどうなったか。。。

うちに来たときには、こんな状態になっていました。涙。。。

11%e6%9c%88%ef%bc%92%e6%97%a5%e5%8f%b3-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

爪の巻き込み方がひどく、

爪に挟まれた皮膚がかわいそうなくらいに窮屈になっていました。

 

「痛みはあったけど、痛くなったら爪を切って、

そしたら痛みがましになるので、そうやってだましだましきました。

こんなになっていたなんて!。そりゃ痛いですよね〜。

最近は、ちょっと触るだけですっごく痛くなってきたんです。」

とご自分の爪の写真を見ておっしゃっていました。

 

すご〜くがまん強い方なんですね。

でもその我慢が味を結ぶことはなく、

悪化してしまっていたのです。

爪で押しつぶされている部分の皮膚はかなり硬くもなっていました。

 

だから、我慢しないで!

痛みは体からのサインです。

 

爪を正面からってあまり普段は見れないですものね。

写真でとって見てみると、

「あら、びっくり!」て方もけっこう多いです。

 

また、見た目よりもずっと皮膚の奥まで爪が刺さっている人も多いです。

 

2回目の施術でここまで綺麗になりました。

1回目の施術で痛みはゼロになったので、とても喜んでいただけました。

img_0485

1回目では、爪に挟まれて硬くなっていた皮膚、肉の部分もかなり柔らかく、通常の状態に戻ってきました。

爪と硬くなった皮膚との境目がほとんどなかったのが、

ちゃんと分かれてきました。

次回はもっと、爪の幅が広がり、皮膚の状態もよくなっていくと思います。

楽しみですね。

 

「爪を切ったら痛くなくなる」は要注意

この方もそうですが、

爪が巻いている、爪が刺さって痛い

  ↓

痛いところを切る(実際は、角っこを少し切れているだけ。。。)

  ↓

より巻いてくる

という悪循環にはまっている人は大変多いです。

ほっといても治らないし、上手に切らないと悪化させてしまう可能性も高い巻き爪です。

 

だって、巻き爪の原因は、爪のかどっこがでっぱっているとかそういうことではない。

指をしっかり使えていない普段の歩き方だったり、循環だったり、ときには靴だったりもしますので、

ただ痛い爪の角っこを切るのは危険なのです。

 

どうして危険かというと、

爪の角っこだけを切ります。

本当は、なるべく縦に切ってほしいのですが、

多くの人は角っこを斜めにしか、自分の爪が切れません。

切って新しくできた爪の端っこはこのとき皮膚の中に埋まっていることが多いのです。

 

巻いていない人の爪は、皮膚よりも爪が上に出ていますよね。

でも、巻いている人の爪は皮膚の中に埋もれているのです。

その状態で、より奥の方に爪の切り端を作ってしまうなんて、危険だと思いますよね?

 

巻き爪の方は、爪が刺さることで、循環が悪くなります。

すると、皮膚が膨張したりして、余計に爪を巻き込みます。

 

良くない切り方をした後も、余計に皮膚が(爪がなくなった分)、巻き込んでくるのです。

そうして爪の端はどんどん皮膚よりも下にある状態が続きます。

 

先の細い靴が巻き爪を加速させる

先の細い靴を履いていると、

地面に付いている面積は、裸足やスニーカなどその他の靴に比べて

当然小さくなります。

 

つまり、足裏や足の指で使っていない部分が多いということです。

巻き爪になりやすい環境ですね。

 

また、物理的に指先が窮屈に締め付けられているので、

循環も悪くなりますし、

爪の形も悪くなりやすいですね。

 

  • 夜のお仕事
  • お酒を飲む
  • 立ち仕事
  • 先の細い靴を履かないといけない

こういった条件に当てはまり、巻き爪の痛みがある方は、

痛みを自分でなんとかせずに、

爪を自分で切ってしまう前に!

是非ご相談してください。

 

あなたからのお電話お待ちしております。

感謝。

 

 

巻き爪の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る