場合によっては病院での検査を勧め最善の選択肢を提供します!

問 題 点

昨年11月に友人たちとの旅行から帰ってきた2日後に

急に左膝が痛みだし、徐々に強くなりだしたのですぐに娘さんに

ネットで検索てもらい「夜遅くまでやっていた」ので来院されたとのことでした。

 

検査と施術について

杖をついての来院となりました。

膝は内側から強く響くような痛みがありまっすぐ足を

伸ばすことが出来ず常に曲げている状態になっていました。

 

左の股関節と足首の可動域がかなり制限されており、股関節については

足を90度に曲げることが出来ない状態でした。なので、股関節と足首の

調整を行うことで緊張は和らぎ膝の不調が10から8くらいになったと言われていました。

 

ところが、3回目の施術を行った後も可動域はそれ以上広がることはなく

逆に膝の不調は強くなるようで、重心のずれも大きくなっていたことがとても気がかりでした。

 

そこで病院でみてもらうことを提案し、後日みてもらったのですが、

結果は「膝関節骨壊死」と言われたとの事でとてもふさぎ込んでしまっていました。

 

「膝関節骨壊死」とは骨が死んでしまい、再生しない現代では未だ原因不明の病気とされています。

担当の先生からは「すぐに手術!」と言われたようですが、まだ現実が受け入れられず

ショックでふさぎ込んでしまっていたそうでした。

 

何とか、元気になってもらいたいたいと思い色々と調べていた結果、

可能性は高くはないが「保存療法」も十分に考えられるかも!?

とあったので、「セカンドオピニオン」を勧めることにしました。

 

結果的には、次の病院でも同じ見解となってしまったのですが、

ご本人さんとしてはそのおかげで決心が固まったようで、

家族にもすべて話し手術を受けることにしたようでした。

 

手術のため事前に入院されるのですが、

その前日にわざわざご連絡を頂き、「病院でみてもらうことや他の所でも

見てもらうように助言してくれてありがとうございました。」とお声を頂きました。

 

僕自身は何もしてあげることが出来なかったのに、

このような言葉を受け取ると嬉しい反面、辛い気持ちもあります。

 

ただ、膝の影響により他に負荷がかかり起きていた問題は

解決してあげられたことは良かったと思っております。

 

同時に施術した箇所

骨盤・腰椎・股関節・足首

 

今回の施術について

今回のケースは稀であるとしても、

毎年何件かは今の状態にあった病院などを紹介することがあります。

 

それは、何もその問題を放棄したのではなく、

その人にとってよりよい環境で最良の選択肢を提供してあげたいからです。

 

その為、ひふみ整体ではいくつかの病院さんとも連携をしており、

その中で必要に応じてお客さんの問題点を解決していくこともあります。

 

最もよい選択肢を提供し、最短で問題点を解決する。

こんな当たり前のことを当たり前のようにし続けることを忘れずに、

今日も目の前のお客さんに全力で向き合って施術をしております。

膝痛の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る