ノルディックウォーキングの効果 足指の力 

こんにちは。

神戸三宮巻き爪センターの大塚あきです。

 

足指の力がない人が増えている!

ってテレビでも今日やってました。

三宮巻き爪センターにこられた巻き爪矯正の方には、

再発予防として、歩き方指導、ボールを使った足指ケアをお伝えしています。

 

テレビでは、足指を鍛えるのに、いいのがノルディックウォーキングだって紹介されてました。

でもそれ、できませんって人も多いですよね。

 

そこで今日は

「足指の力がないと歩けなくなる」

「どうしてノルディックウォーキングが良いのか」

「家でできるノルディックウォーキング効果のある体操」

についてのお話です。

 

足指の力がないと歩けなくなる

確かに、足指の力がない人がとても多いです。

力もないし、足指が上がったまま歩いていたり(浮き指)

足指が丸まっていて、使えていないなって人がほとんどです。

 

足指が使えていないと、足のアーチが崩れます。

特に足の指の間をつないでいる靭帯がよわり、横のアーチが使えません。

 

こういった人は、

外反母趾

巻き爪

足の裏が痛い

膝痛

O脚

股関節痛

つまづきやすい

といったことになります。

 

そして、痛いから歩けない。

歩かないから、筋力落ちる。

循環もおちる。

さらに動けなくなる。

寝たきり。

といったことになる未来は、決して大げさではなく、

本当に、こういった危険があるのです!

 

どうしてノルディックウォーキングが良いのか

ノルディックウォーキングは、スティック(?というのかが知りませんが)をつかって、

歩きます。

 

スティックは、スキーのものよりも少し長めなので、胸を張って歩けるようになります。

自然と腕をふるようになって、遠くをみれるので、体のバランスが良いまま歩けるのです。

 

また足の歩幅が大きくなります。

そうすると、下半身も上半身も使った全身運動ができますし、少しひねりも入ってきます。

このひねりがウエストダウンに繋がるみたいですよ。

 

私は、未経験ですが、経験者の感想によると、全身運動でも意外と疲れにくいそうです。

おそらく、腕をしっかりふっていることで、自然と上半身と下半身の連動が生まれるのだと思います。

上手に筋肉が連動してうごけると、効率よく力が働くので、そんなに前に行くための力がいらないんじゃないかと思います。

 

また、スティックがあることで、安定性が高まり、横へのブレが少なくなるのではないかな。

それもまた無駄な力が少なくて済む秘訣です。

 

反対に考えると、

普段のウォーキングでは、

いかに腕が振れていないか、

体が左右にぶれているか。

足元が安定していないか。

ということがいえますけどね。。。

 

先に体幹を鍛えて、ブレをなくして、足元を安定させてっていうのでは大変ですが、

それらが自然とできて、やっているうちに足指の力もつくなんて、

確かに素晴らしいですよね〜。

 

でもどこでできるの?

なかなか始められないって人も多いと思います。

そこで、

家でできるノルディックウォーキング効果のある体操

家の中で、できれば天候も気にしなくていいですね。

それは、「その場足踏み」

です。

大きい全身の写る鏡のまえで、行いましょう。

 

 

ポイントは、

鏡に映る自分のお腹くらいをみること。

腕をしっかりと後ろに振ること=肩甲骨から動いていることを意識しましょう。

太ももを高く上げる。

つま先から足をおろす。

この4つです。

 

普通のウォーキングで前に歩いて行くときに、太ももの全面の筋肉に負担が大きくなる人が多いんですよね。

これは、膝の痛みに繋がります。

 

その場で歩くと、前のめりになりにくくてその心配がなくなります。

 

ただ、その場足踏みは、横へのブレが出てしまうかもしれないという心配はあります。

足元が安定している=足指までしっかりと支えている

と心配はないのですが、そこが難しい。

 

なので、足元を安定させる体操もいれましょう。

 

これは足幅を肩幅の2倍以上開いて立って、腕を振るだけ。

これも、腕はうしろにふりましょう。

最初は5分から初めてみましょう。

 

どちらの体操も、

やり方を間違ってしまうと、コリや痛みを招きます。

 

もし不調を感じたらすぐにやめてくださいね。

 

もっと詳しく知りたいという方は、

ひふみ整体 大塚あきまでごれんらくください。

歩行指導、ボールを使った足指ケアを指導させていただきます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

巻き爪の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る