腰痛は腰をみてもよくならない。神戸の人気整体がみるのは、実は足!?

「朝起き上がる時や、立ったり座ったりがつらい」

「くしゃみをするのが怖い」

「顔を洗う時などの前かがみができない」

肩こりと双璧をなす、痛みの王者・腰痛。

一説によると、日本人の4人に1人は仕事を休む程の腰痛に悩まされたことがあるそうです。

 

世の中には腰痛改善のための体操・ストレッチ・筋トレ・クッション・コルセット・整体など、沢山のツールが溢れています。

けれど不思議なことに、日本人の腰痛が減った!という話はなかなか耳に入りません。

それどころか、

「ずっと腰をみて貰っているのに一向に良くならない」

「整骨院でグイグイ押されて余計に腰痛がひどくなった」

といった腰痛を悪化させた話さえ聞こえてきます。

一体なぜなのでしょうか。

一言で言ってしまえば、腰痛の原因はほとんどの場合、腰にはないからです。

原因でない場所をどんなに一生懸命ケアしても腰痛を改善することはできません。

それでは、慢性腰痛を良くするには一体どこをケアすればいいのでしょうか。

 

こちらの記事では、

■ひふみ整体で実際に腰痛が改善した方の声

■腰をみても腰痛が変わらない理由

■腰痛の原因は○○にある

■整体師が教える!あなたの足が歪んだ原因4つ

■まとめ―腰痛を早く改善したい方へ

といった内容をお伝えしていきます。

 

腰痛が改善した方の声

 西村さん、来院する前にどんなことで悩んでいましたか?

10年前から腰痛があってその時はコルセットでごかましていて、

時々、腰痛は出てたんですけど、

10月末くらいからひどい腰痛があって、困ってました。

大会の1ヶ月前に腰を痛めて、病院に行ったら、椎間板ヘルニアって言われて、

リハビリにも通ったけど思うように良くならなかったんです。

それでパーソナルトレーナーの團さんに紹介してもらってきました。

実際に施術を受けられて、どういう変化がありましたか?

通い始めて、一週間で、もう立てなかったのに、前屈とかも全然、出来なかったのに・・・

出来るようになったし、

痛みも、マックス10、その時10で表わしたとしたら

3くらいまで軽減してましたね。たった1週間で。

トレーニングは2週間は絶対しないでって言われたので、安静も大切だって言われたので。

頑張って我慢して・・・2週間後にちょっとずつね、トレーニングし始めたんです。

あと、ウォーキングレッスンも高いヒールを履いて、

ファッションショーみたいに歩いたりするから、

腰、大丈夫かな〜と思っていたんですが、これも痛みなくレッスンできました。

そして大会の時には腰痛の事を忘れてて、

トレーニングもばっちり出来て、万全の状態で出場する事が出来ました。

目標は、全国で5番目までに入りたかったんですけど、

それは叶わなかったんですけど、

あのメンバーの中で、15人に選ばれたので、満足です。やりきりました。

ありがとうございました。

西村さん、ご協力ありがとうございました。

※あくまで個人の感想であり、効果を実証するものではなく、効果には個人差があります。

 

腰をみても腰痛が変わらない理由

 

腰は体全体のバランスを調整する場所です。

アチコチのズレや歪みを一手に引き受けるため、結果として痛みが出やすい場所といえます。

 

しかしほとんどの整体院・整骨院・マッサージ店などでは、お客さんに「腰が痛いんです」と言われると腰にばかり気を取られ、その原因がどこにあるかを探らないまま施術を行なってしまいます。

痛みは火災報知器のようなもの。原因は火災のようなもの。

火災そのものをどうにかしなければ、火災報知器は鳴りやむことはありません。

 

さて、あなたの腰痛の原因は一体どこにあるのでしょうか?

腰痛の原因は足にある

腰痛の要因は、身体のアチコチに散らばっています。

 

■食べ過ぎ・飲みすぎによる内臓の不調

■歪んだままくっついてしまった過去のケガ

■仕事・勉強をする時の姿勢

■人間関係・仕事・お金などのストレス

 

けれど、同じように上記のことに悩まされている方すべてが腰痛になるわけではありません。

これらは腰痛の要因であって原因ではないのです。

 

慢性的な腰痛に悩まされている方に共通するのは、ズバリ足の歪みです。

足は体を支える土台といえる部分。

この土台に何らかの作用で歪みが生じると、骨・筋肉・神経などがバランスをとるために足首をずらし、膝をずらし、股関節をずらし…。

最終的に腰によって足のゆがみをカバーします。

 

足のゆがみをカバーしている腰には、そのぶん余計な負荷がかかることになります。

この状態の方に上記の要因がドン、ドン、とプラスされると、腰が負担に耐え切れなくなって

「もう耐えられません。原因と要因をどうにかしてください!」

と腰痛を起こすのです。

 

ひふみ整体では、腰痛のベースともいえる足の歪みを整えることで慢性腰痛を改善していきます。

 

■健康な足を形成する、縦のアーチ2本+横のアーチをちゃんと使えるように調整

■足指・足裏の正しい使い方を伝授するため、歪みを繰り返さない

■同時に、腰痛の要因である内臓・ストレス・身体のゆがみもカバー

■土台の足を安定させるため、多少の疲れでは腰痛に悩まされなくなる

 

このような原因にアプローチする施術によって、数多くの腰痛で悩む方に

「翌朝にはもう楽になってた!」

「えっ、なんでこんなに楽になるんですか?」

とうれしいお声をいただいています。

整体師が教える!あなたの足が歪んだ原因4つ

 

腰痛の原因である足の歪み。

もちろん、その足の歪みにも原因があります。

 

***

1:自分に合っていない靴を履いている

靴は足の状態を直接的に左右します。

足先の細くなっているパンプスや革靴は、足指を締め付けて巻き爪・外反母趾を引き起こすことも。

ヒールが高すぎる靴、サイズが合わない靴は、足裏のアーチを歪めてしまいます。

***

 

***

2:足でこぶしを作ることができない

健康な方の足は、手と同じように足指をギュッと丸めて拳を作ることができます。

もしあなたが足で拳を作ることができなかったら、足がゆがんでいる証拠です。

歪んだ足はゆがんだ腰を作り、腰痛を引き起こしてしまいます。

***

 

***

3:肩に力が入りすぎている

例えば、紙粘土で人形を作るとします。

人形がしっかり立てるように作るためには、足元を太く、上半身は細くしたほうがバランスがとれますよね。

人間の体も、本来は足元にしっかりと力が入っていて、上半身はリラックスしている方が安定するようにできています。

しかしストレスや肩こりによって重心が上がってしまっている方は、身体のバランスがずれ、足元に余計な負担をかけてしまっていることが多いのです。

***

 

***

4:内臓が弱っている

リフレクソロジーや足ツボという言葉を聞いたことはありませんか?

足裏には身体の縮図のようにツボが集中しており、内臓の状態が反映されています。

例えば胃腸が弱ると、土踏まずの親指側が硬くなる。

生殖器まわりの不調はカカトのあたりに出ます。

内臓の不調が反映された足裏は動きが悪くなり、歪みやすくなってしまいます。

さらに、腰まわりは大腸や小腸、子宮といった内臓が収納されているため、内臓疲労→腰痛へダイレクトに影響を与えがちなのです。

***

 

まとめ―腰痛を早く改善したい方へ

痛みだけでなく、「みて貰ってるのに変わらないってどういうこと?」「そんなに私の腰は重症なの?」「一生腰が痛いまま生きていくの?」という焦りでもあなたを悩ませてきた腰痛。

改善しなかった理由は、腰ばかり見て原因をみて来なかったからです。

 

腰痛のベースになるのは足元の歪み。

歪んだ足のバランスをとるため負荷のかかっている腰に、ストレスや内臓疲労が重なると「もう無理~!」と腰が悲鳴をあげるのです。

腰痛改善には足の歪みケアが不可欠です。

 

整体激戦区の神戸にありながら、ひふみ整体が腰痛に悩む方に選ばれるのは、

■原因である足元の歪みをケア

■要因であるストレス・内臓・身体のズレも同時にケア

■腰痛を繰り返さないよう、足の正しい使い方を伝授

以上を徹底しているから。

 

身体の土台である足元が安定すると、ちょっとやそっとの疲れにも負けない腰が出来上がります。

長時間の座りっぱなしがツラかった旅行、いつの間にか休憩ばかりしていたウインドウショッピング、起きるのがキツくなってしまった朝。

もうこんなことに対して不安を抱える必要はありません。

 

もし、あなたが慢性腰痛でお悩みなら、ぜひお気軽にひふみ整体へご相談ください。

足元を整え、腰を整え、人生を思い切り楽しみましょう!

腰椎椎間板ヘルニア | 腰痛の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る