手術しても再発してしまった巻き爪

こんにちは。ひふみ整体内にある巻き爪センターの大塚あきです。

最強寒波が列島を遅い、とても北風が強い!寒いですね。

でも子供は今日も元気に短パンを履いて学校へ行き、すごいなあと思います。

 

さて、今日は、「手術しても再発してしまった巻き爪」の方のアンケートをご紹介します。

高見さんは、これから来院される方へのメッセージのところで

「外科手術よりも、無痛、安心、効果絶大」と書いてくださいました。

 

実は、高見さん、一度手術されて、爪の横を切除しています。

でも手術後切除して生えないようにしたはずの爪が生えてきて、

またその爪は巻いてきたそうです。

一度切除して薬品で処理しているので、生えてきた爪は薄くて、余計に痛みが強くなってしまったそうです。

その時の爪がこちら↓

向かって左側(親指の爪の外側)が階段のようになってしまっていますね。。。

一段短くなっている爪の部分は、とても薄くて、角が皮膚に刺さってしまっていました。

アンケートに「無痛」と書いていただいてますが、

初回の処置、ワイヤーは少し痛みを伴っていましたね。

爪が刺さって傷になっていたので、触ると当然痛いですものね。

頑張っていただきました。

6回目のワイヤーでは、ここまで回復しました。↓

爪の厚さも、一定になってきています。

持ち上げるとすぐに、ぱきっと段差のところで割れそうだったのが、

だいぶ元気な爪になってきました。

 

そして、左足が4回目の施術くらいで、右足もワイヤーをすることになりました。

その理由としては、

・右足も痛みが出てきた。

・施術が痛みがなくて、これなら続けられそう

とういうことでした。

右足も、痛みを感じる時があるということで、爪は少し皮膚へ刺さってきていました。

一回目の施術のあとはこちら↓

刺さっていた爪のあとが、溝になっているのが見えますね。

 

このまま引き続き右の爪も、健康な爪を目指して頑張っていただいてます!!

 

皆さんも、痛みを少しでも感じたら、今の内にケアされることをおすすめします。

 

相談も受け付けています。

予約フォームから、LINE登録していただき、お写真と一緒に今の状況を教えてくださいね。

 

ご連絡お待ちしております。

感謝。

巻き爪の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る