「の」の字の爪が普通のつめになって良かった!

仕事が忙しく巻き爪の矯正はできなかった

↓来院時           ↓6回目ワイヤー

↓ ワイヤー終了 1年後

巻き爪で悩んでいる男性は多いです。

実は、革靴、安全靴が巻き爪の原因となっている場合もあります。

外回りなどで歩かなきゃいけないのに、巻き爪がいたい!と

悩んでいる人もとても多いはず。

それでもなかなか巻き爪をなんとかしようと思えないほど、

仕事に追われている男性のみなさん、お疲れ様です。

でも、無理したり、我慢していると、大変なことになるかもしれません。。。

 

今回、感想をいただいたUさんも、

退職されて、それでも痛みがなくならないことに悩み、

今なら時間が作れるからと来院されました。

でも無理をされていたので、出血・膿んでいる状態で、

かなり痛みがありました。

Uさんの爪がどのように変化していったか、見てみましょう。

 

Uさんの爪の変化

来院時

1回目 痛みがひどい。

爪が「の」の字に巻き込んでいたため、皮膚に傷があり、膿も出ている状態。

爪を持ち上げるだけで痛みが強く出てしまいます。

爪の下の皮膚の腫れもひどいため、まだワイヤーは巻きません。

爪の加工、テーピングなどの処置をしました。↓

 

2回目 まだ痛みがあります。膿も少し出てきます。

さらに奥には巻きている爪がありますが、加工しやすくするため、

ワイヤーを巻き矯正をかけていきます。↓

 

3回目 ワイヤーとしては2回目の掛け直し。

少し皮膚の腫れが落ち着いてきました。↓

 

ワイヤー5回目

爪は、よい形に近づいてきましたが、

厚みがまだまだあり、爪の代謝が悪い状態です。

痛みはほぼなくなりました。

ワイヤー6回目 爪の裏側まで巻き込んで「の」の字になっていたつめですが、

よい形になり、爪の幅も広がりましたね。

次からは、カットなどメンテナンスをしていきます。

ワイヤー外して1年後 

ご自分でカットして頂くように、アドバイスをしますが、

ご希望の方は、こちらでカットなどメンテナンスをしていきます。

正しいメンテナンスと、足指のトレーニングなどで、

再発を防いでいきます。

 

痛みを我慢せず、勇気を持って来院してください。〜アンケートより〜

感想をいただきました。64歳。男性。

Q、来院される前はどのようなお悩みでしたか?

仕事を退職するまでは、巻き爪がひどくなってもなかなか治療できなかった。

革靴を脱いで、親指の痛みが出て、我慢できなかった。

 

Q、来院前に不安などはありましたか?

多少迷いや不安があったが、痛みに耐えかねて来院した。

 自分では特に何もしていなかったが、爪が刺さっているところを切っていた。

 

Q、実際に施術を受けてみて、いかがでしたか?

 麻酔を使わないので、痛みがあったが、膿を出してからは痛みはかなりおさまった。

 「の」の字の爪が普通の爪になってよかった。

 

Q、これから来院される方へのメッセージをお願いします。

 痛みを我慢せず、勇気を持って来院してください。

*あくまでも個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

 

足の変形と巻き爪

足の変形で多いのは、外反母趾です。

外反母趾のように指の向きが真っ直ぐでない状態や、

足指の関節が、良い状態でないと、巻き爪にもなりやすくなります。

 

他にも、痛風による変形、膝や股関節の変形、といったものからも、

巻き爪の進行を早めてしまうものがあります。

 

爪が巻いているだけでなく、上記のような変形があると、

巻き爪の進行は早く、ご自分でのカットを繰り返すと、

悪化させてしまうことがあり、大変危険です。

 

痛みを我慢せず早めに来院していただくことをお勧めします。

まずは、LINE登録でご相談ください。

addfriends_ja-1

または、スマホで下のQRコードを読み込んで下さい。

img_3057

1:LINEで友達登録をする

 

2:巻き爪の写真を撮る

 

3:LINEで写真とどんな風に悩んでいるかを送信

 

4:三宮巻き爪センター(ひふみ整体)から、折り返しお返事。
どんな状態か、どんなケアが必要か、もし施術予約をするなら日にちや時間はどうするか、などをお話いたします。

 

三宮巻き爪センターでは、お一人お一人の巻き爪の状態に合わせたペースで施術を行なっていきます。

■爪のカット

■「歩いて帰れるくらい痛くない」と評判のワイヤー矯正

この2つの施術を基本は全6回、8カ月から1年かけて行い、巻き爪を改善していきます。

 

巻き爪の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る