疲れるとなぜ「伸び」をするのか?

パソコン作業など同じ姿勢を長時間した後、
一息つく時によくするのが、「カラダの伸び」

 

これは筋肉をあまり動かしていないから

カラダが無意識のうちに筋肉を伸ばして
血液を筋肉に送ってあげようとするカラダの本能的な事。

 

こわばった筋肉は血流が悪くなる事で
コリや痛みを招く原因にもなってしまいます。

 

筋肉は本当は伸び縮みしたいんですね。

 

無意識で行われる伸びは、
固まったままではしんどいよ~というサインです。

 

デスクワークの方などは、
カラダのためにも意識的に
1時間に1回くらいは伸びをして体の筋肉に血液を流してあげましょう。

 

習慣に出来てくると、肩こりや腰痛の予防になりますよ。

伸びをしてもなかなか取れない肩こりの方はこちらをクリック

肩こりの最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る