腰痛の予防法は赤ちゃんから学べ!

赤ちゃんは腰痛知らず!

腰痛で辛い思いをしている人はめちゃくちゃ多い。

今では4人1人が腰痛を抱えていると言われています。

 

腰痛を経験したことのある方は、

赤ちゃんと腰痛なんて…、と思ったかもしれませんね。

なぜ、赤ちゃんなんだ??

赤ちゃんの動きは効率がいい!

赤ちゃんの動きは効率がいいんです!

 

みなさんご存知の通り赤ちゃんは筋肉が少ない。

触るとふにゃふにゃして気持ちいいですよね。

 

その筋肉が少ない状態にもかかわらず、

仰向けに寝て、手足を浮かしてバタつかせたり、

寝返りを打ったり、しているんです。

 

また顔を真っ赤かにしてお腹を膨らましたりへこませたりして、

一所懸命、泣く。

赤ちゃんはトレーニングオタク。

全部、赤ちゃんがしている動きは、トレーニングなんです。

 

では少し赤ちゃんの動きを、簡単に分解してみましょう!

 

例えば

仰向けに寝て、寝ながら手をバンザイをしたり、

膝を上げて足を上げた状態をしたり

前ならえのポーズをしたりしてこの状態をキープ。

 

手を上げたり下げたりしながら

動かしてみたりもしています。

 

この動きは胸や背中、お腹の下の方、

わき腹の筋肉に刺激を入れるトレーニングなんです。

 

少しずつ筋肉が使えるようになってくると、

今度は体をひねって、うつ伏せになろうとします。

 

うつ伏せに寝返る時などは、足を上げてクロスにしてねじって、

最後の最後に上半身がついてくる感じで寝返る。

 

こんな動きで体をねじる為の筋肉を強くしていくんです。

 

うつ伏せになった後も頭を上げて背筋のトレーニング。

ここから腕を突っ張って腕のトレーニング。

7414d30695d9ede5e2e695bbbea99de7_m

さらに膝を立てて四つん這いになったり、

四つん這いから手を前に出して足も前に出す。

 

はじめは同じ手と足を出してうまく進めない状態から、

何度も繰り返し動く練習をして、手足を交互にすることで、

ハイハイも早くなる。

 

背中と腕と足の連動がうまくできて早く進める様になるんです。

 

こうして分解してみると、赤ちゃんってすごいですよね。

何回も失敗して繰り返すことでできる様になる。

だからすごい速度で成長する(できる様になる)んでしょうね〜。

 

使うべき筋肉を使って体を安定させる。

一見、がんばってるな~~ぐらいにしかみてなかったのも、

実際に赤ちゃんの動きを真似してやってみると、

胴体の部分の筋肉がしっかりして体が安定してくるんです。

 

まずは真似してみてください。
意外と難しいんです(^^)

 

「力を使わずに体が後からついてくる動き」

ぜひ一度、真似てみてくださいね!

 

腰痛の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る