ママに知ってほしい!抱っこで腰痛にならない5つのポイント

ひふみ整体には、出産後のケアや抱っこで腰痛、足のしびれ
などのお悩みの方が多数来院されています。

毎日の長時間の抱っこ・・・

決して楽ではありませんよね。

でもママの全員が腰痛や足の痛みがあるかというとそうでもない。

つまりカラダに負担のかかりにくい抱っこの仕方があるのです。

今回はそんなことを知っていただけたらなと思います。

では早速。ポイントは、5つ!

一つ目、お腹を引っ込める。

お腹を引っ込めることで体幹が安定します。

腹横筋というコルセットの役割をする筋肉が働くからです。

これだけで腰痛のリスクはかなり減りますよ。

二つ目、両足は大きく開いて、脚の内側に力が入るようにします。

左右どちらかの腰に赤ちゃんを乗せる抱き方は、
骨盤が歪み、痛みの原因となりますので気をつけてくださいね。

三つ目、抱っこする時に、必要以上に肩を上げないこと。

抱っこひもなどを家の中でも活用して、肩が上がっていない
状態で抱っこして下さい。

肩が上がった状態は、肩の筋肉と背中の筋肉がギュッと縮んでしまっている状態なんです。

ずっと筋トレをしているような感じを想像してもらうとイメージしやすいかもしれませんね。

また重心が高くなってしまうので上体がぶれてしまいやすい。

このブレも足や腰の負担を増やしてしまう原因にもなってしまうんです。

今はとても楽な抱っこひもがありますね。

幅広の腰ベルトで支えるタイプです。
でも、きちんとつけれていないと効果なしなのできちんとつけてくださいね(>_<)

四つ目、腰ベルトが緩み、お腹が出てる状態になっていないか。

せっかく抱っこ紐があるのに、腰ベルトが緩んでいるだけで、腰の負担がぐっと増えてしまいます。

自分の重心に赤ちゃんができるだけ密着するようにすると楽になりますよ。

(当たり前ですが締め過ぎにも注意してくださいね)

五つ目、肩ひもが長すぎて、赤ちゃんのお尻が腰ベルトよりかなり下がっている

この状態もママの重心から赤ちゃんが離れてしまうので、実はしんどくなりやすい。

そして前かがみになった時に頭から赤ちゃんが落ちてしまう可能性もあるので肩ひもの長さもチェックしてみてくださいね。

この5つをチェックしてみて下さい。

 

この五つのポイントを守ると、痛みが出るリスクは激減します。

そして赤ちゃんを安全に抱っこする為にも、4つ目と5つ目は再確認してくださいね。

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_m

普段使っていない筋肉を意識したり、
肩が上がっていないかを気をつける事は最初は難しいです。

鏡を見たりしながら、ちゃんと出来ているのかなど、チェックしてくださいね。

なかなか腰痛が取れないなんて方はお気軽にひふみ整体にご相談ください。

ベビー関連 | 腰痛の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る