朝起きると顎が痛い、もしかして私って顎関節症?

顎のトラブルを抱える人の特徴とは!

朝起きた時に顎が痛い。。。

口を開けた時、毎回パキパキと顎が鳴る。

口を開けるときにパキッとなりそうで毎日不安で過ごしている。

顎が開きにくい、または痛い。縦に指が2本以上入らない方などは顎関節症かもしれません。

なりやすい人の6つの特徴

①よくほおづえをつく人、

②歯ぎしりをしている人、

③仕事に集中している時、気がつけば噛み締めてしまっている人、

④片方の歯で物を噛んでしまう噛み癖がある人、

⑤他にもストレスが多い人、

⑥肩こりや首こりがひどい人

などが多いですね。ストレスというと大人だけでなく、最近では学生の子もストレスを抱えて悩んでいる人も多いですね。

ほお杖をつく人は・・・

ほお杖をつく癖などは、座った時に体を支えておくことが苦手な人がほお杖をついて頭や体を支えているんですね。

負荷がかかって顎に対する影響もですが、この場合は体を支えておく筋肉が弱ってきているので、

直接的な原因は体にあるのかもしれません。

姿勢を矯正していい姿勢を保つことが、体の負担を減らすのにとても大切なんです。

歯ぎしりしている人は・・・

歯ぎしりしている人などはストレスを溜め込んでいたりすることも。

現代社会はストレスなしで生きるのは辛いかもしれない。

だからストレスを解消するための、「◯◯をしたらスッキリする」「このご褒美のためになら嫌なことも頑張れる」

そんなものを作ることがいいですね。

人によったらライブに行くのがストレス解消になる、他にも映画が大好きだ!や温泉巡りがスッキリする、

いろんな滝を見に行くのが好きとか、なにかあるといいですね。

ない人はいろいろ実際にしてみて楽しいかな〜と思うものをしてみるといいかもしれません。

 

あと「今悩んでいる事を人に話す。」これもストレス解消法になります。

不安なことを自分一人で抱え込まずに、話すだけでもスッキリします。

是非試してみてくださいね。

噛み合わせが変わった・・・

あとは噛み合わせによっても顎のトラブルは起こりやすいですね。

例えば歯に詰め物をしてから、顎が痛くなったりすることも。

歯医者さんは、詰め物をする際には出来るだけ、今までの噛み方と同じになるように、そして負担が一点にかからないようにしてくれます。

でも、微妙に噛み合わない。噛み合ってない感じがする。

そんなことは起こり得ます。

自分たちの感覚の方がリアルなんですよ。

詰め物で微妙に高くなってしまった、これは紙の厚さより薄いズレでも、違和感を感じたりするのです。

だから詰め物をした後などには歯医者さんとしっかり話しして、

違和感があるときは、「まだ少し合ってない」などをしっかり伝えて修正してもらってくださいね。

ひふみ整体では、口を開けたり閉めたりする筋肉に異常がないのか?

ロックしてしまっている原因がないのかを探して整体していきます。

顎のトラブルでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

今回紹介する動画は、

首の筋肉が原因でアゴが痛い人、肩こりがひどい人、顎のラインをスッキリさせたい人

にしてほしいストレッチです。

簡単な体操なのでぜひ一度みてくださいね。

顎関節症でお悩みの方はこちらをクリック

顎関節症の最新記事

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る