産後の骨盤矯正はなぜ必要なのか?

産後、赤ちゃんとの生活でお悩みはありませんか?

  • 腰や背中が痛くて抱っこが辛い
  • 床に座ることが多くて、腰が痛い
  • 体重は戻ってきたが、体型が戻らない
  • 産前から、足を組むなどの癖がある
  • ベビーカーを押していると腰が痛い
  • 産後、背中が丸くなってきたと言われた。
  • 抱っこの時など、肩や手首が痛い。

その悩み骨盤矯正を中心とした【痛くない整体】にお任せください。

産後はなぜ骨盤矯正が必要なのか?

骨盤は、下半身と上半身の背骨の間にあって、体を支えるものです。

でも、骨盤は一つの骨ではなく、大きく分けて3つの骨が複合的に動いています。動く箇所は当然関節となっているので、その動きが制限されると歪みにつながってしまうのです。

 

骨というのは、すべて周りの筋肉や靭帯で支えられているので、その影響を受けやすいです。

例えば、右足ばかりに重心をかけて立つ癖のある方は、左よりも右の太ももの前や外側の筋肉が固いままのことが多いです。

すると、右足の筋肉がくっ付いている骨盤が、そちらに引っ張られて、右側が下がったり外に広がったりします。これが歪みとなるのです。

骨盤は通常でも、歪みが起こりやすい箇所なのです。正しい位置よりも、前に傾きすぎだったり、後ろに傾きすぎだったり、これは男性でも歪みやすいので、女性だけの問題ではありません。

 

さらに、妊娠、出産の時に、お腹が大きくなったり、赤ちゃんが出てくる道を作るために、骨盤を支えている靭帯は、ものすご〜く緩みます。

普通でも歪みやすい骨盤なので、しっかりと正常な位置に戻してあげないといけません。

特に、産前から癖が強くて、腰痛や肩こり、o脚などの悩みがあった人は要注意です。

抱っこしたり、床での生活が多くなるママは、横すわりやひざ下を曲げて両側に開く、いわゆるペタンコ座りなどをして、左右差が大きくなりやすい生活です。靭帯が緩んで、不安定な骨盤の状態で、このような左右差が大きい生活を毎日することが、歪みにはとっても良くないのです。

 

ですから、産後は、しっかりと靭帯と筋肉の状態を良くすること。

左右差が出ないような体全体の使い方をすること。

体の軸を作ること。

これがとても重要です。

これができると、産後ママに非常に多い腰痛や、肩こり、恥骨痛、腱鞘炎、尿漏れなどに効果があります。

産後の骨盤矯正の流れ

 個人差はありますが、産後3ヶ月目くらいからご自身の靭帯は、産前の状態に近づきます。

この時期から産後の調整を始めるとより効果的です。

もちろんそれまでに痛みが出てしまい来院される方もいらっしゃいますので、ご不明な点は、お気軽にお問い合わせしてください。

骨盤の調整、その周りの筋肉の状態を左右対称にしたり、緩めたり、運動療法によって普段使えていない筋肉に刺激を与えて使えるようにしていきます。

sejutu_3asejutu_2asejutu_3c

すべて痛くない整体法で、行います。

また、良い位置で骨盤をキープしていくためには、必要な筋力がありますので、それがあまりに弱い方は、簡単なトレーニング法や立ち方、赤ちゃんの抱っこの仕方などをレクチャーしていきます。

DSCF1295sejutu_4a

お子様連れでも、ご来店いただける時間帯もございますが、他のお客様との兼ね合いもございますので、ご予約は必ずお電話でお願いします。

また、ベビーシッターとして、1人スタッフを用意するよう心がけていますので、キャンセル変更は必ず前日までにおねがいします。

 

体の歪み | 骨盤の歪みの最新記事

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る