脊柱管狭窄症による腰痛や足の痛み

「脊柱管狭窄症による痛みや痺れがなかったら、毎日がこんなに軽やかなのか」ときっと驚くはずです。

こんなお悩みはありませんか?

  • 何をしても繰り返す腰痛がある
  • 階段でつまづきやすい
  • 太ももやふくらはぎがしびれたり痛んだりする
  • 普段は、何もないが歩き出すと足がしびれてくる
  • 少しなら大丈夫だが、長く歩き続けることができない

そんなあなたは、病院に行くと脊柱管狭窄症といわれるかもしれません。

今は痛みやしびれがあって不安で辛いかもしれませんが

きっと痛みやしびれの少ない生活というのは、実現できるはずなのです。


脊柱管狭窄症とはこんな病気です。

脊柱管とは、背骨に囲まれた管状の空間のことをいいます。

背骨は椎骨という骨が積み重なってできているもので、椎骨は椎体と椎弓からなり、その間にある空間(椎孔といいます)が積み重なってできているのが脊柱管です。この管の中には神経が通っていて、ココから枝分かれし各部位に向かいます。脊柱管は中を通る沢山の神経を守る役割があるのです。

腰部脊柱管狭窄症になると考えられる原因。

アキイラスト P2何らかの原因で、脊柱管が狭まると、中を通る神経を圧迫されてしまいます。

生まれつき脊柱管が狭い先天性の場合もありますが、中でも変形性脊椎(せきつい)症によって椎体に骨棘と呼ばれるとげが出来てしまいそれが圧迫の原因となる事が多くみられます。

他にも、変性すべり症、脊柱管の周囲にある椎体や椎弓の変性や靭帯(じんたい)が大きくなってしまうこと、椎間板の膨隆による突出など、背骨に加齢に伴う変化が加わることで、脊柱管が狭くなってしまうのです。

狭くなる事で、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されます。また、神経と並走している血管の流れも悪くなり、腰痛や下半身のしびれなどを引き起こしてしまうのです。

老化現象の一つで、年をとると多かれ少なかれ脊柱管は狭くなっていくので、高齢の方に多くみられる症状です。特に若い頃から、重い荷物をよくもつ仕事だったり、重労働をしていた方、腰を痛めたことのある方は、加齢に伴って、脊椎が上記のように変形してしまいやすく、症状が出やすかったり重かったりします。

ひふみ整体のホールドストレッチが、症状緩和に役立つ訳

一つひとつ、ばらばらな椎骨(背骨の骨のひとつ一つ)をしっかりと固定されているのは、その周りを筋肉や靭帯でしっかりと固定しているからです。

脊柱管が狭くなる原因の裏には、周りを保護していた筋肉の衰えが必ずあります。

筋肉が衰えて、支えが弱くなっている状態なので、脊柱管そのものに負担が大きくなって、脊柱管の変形に繋がります。

ですから、筋肉の支えがしっかりある状態にすることが大切です。

筋肉は、2つの原因で硬くなり衰えます。「使いすぎ」と「使わなさすぎ」です。

使いすぎの筋肉は、柔軟にして疲労を取りやすくする。

使わなさすぎの筋肉は、使えるように神経や筋肉に程良い刺激を入れていきます。

関節の可動域が、小さくなると、「使いすぎ」と「使わなさすぎ」の筋肉が産まれ、この2つの差が大きくなってきます。

施術をすると関節の可動域が大きくなるので、この差が無くなってきて、普段から筋肉の疲労が溜まりにくくなるのです。

すでに、症状が出ていても、軽度であれば、周囲の筋肉の状態をよくすることで、症状が出ない生活が送れる可能性もありますから、

諦める前に、ぜひホールドストレッチ法をお試し下さいね。

施術者が担当制なので誰よりもあなたの体の変化を理解し、

一歩ずつあなたの辛い状態が改善するまで、

しっかりサポートさせていただくのでご安心ください。

脊柱管狭窄症 | 腰痛の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る