腰痛=安静にすると改善しない。その訳は?

腰痛は筋肉に原因がある!

腰痛と聞くと骨が歪んでいる状態と思っていませんか?

あのグギッとなった瞬間にきっと骨がずれたから痛いんだ〜。なんて思っている方も多いのではないでしょうか。

基本的に骨が急にずれることは考えにくいです。

もちろん強い衝撃が外部からかかったときなどは骨がずれてしまうこともありますが、

日常生活をしている上でのずれというのは、

筋肉の一部分が固まってしまってその方向に骨が引っ張られることによって歪みやずれが起きているんです。

グキッとなった瞬間というのは部分的に筋肉が負荷がかかりすぎて、

カチカチになってしまってその筋肉が耐えれなくなった時に、グキッとなるんですね〜。

筋肉がカチカチになるから血行不良が起きてその部分の回復が悪くなってしまうんです。

安静にすると筋肉がカチコチに。

筋肉には血液を循環させるポンプの役割があります。

筋肉が縮んだり伸びたりすることで血液の循環がおこります。

血液は栄養を運んで老廃物を集めるという働きがあります。

その作用があるから細胞が新しく生まれ変わるんです。

安静にするということは、そのポンプ作用が減ってしまい、

うまく循環が行われない。

安静にするということは、筋肉のポンプ作用を減らしてしまい、

カチカチになった状態から抜け出しにくくなってしまい、

その筋肉をかばって他のところの筋肉もカチカチになってしまう。

そんな悪循環がはじまってしまうので、腰痛だけでなく、

膝が痛くなってしまったり他の部位にも痛みが出てしまうこともあるんです。

血行を良くするには軽い運動が必要

血行を良くするために運動がいいのですが、877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_m

いきなりがっつり動き出すことはもちろん NGです。

まずはゆっくり歩くことや軽いストレッチから始めましょう。

その結果、腰周辺の筋肉にも血流が増えて痛みの改善も見込めます。

動かすことで腰痛改善

歩くことや軽いストレッチだけでいいのか?と思われるかもしれませんが、

歩くことは、体をたった状態で支持したり、腕を振ったり、足を動かしたりと全身の筋肉を使う全身運動098697です。

運動不足から筋肉が硬くなって腰痛が出ている人などは、

歩く量を日常的に増やすといいですね〜。

また軽いストレッチももも裏やふくらはぎ、お尻などの大きい筋肉をストレッチすることをしてください。

もちろん、急に強く伸ばしたりすると、痛みを出してしまったりすることもあるのでやりすぎには注意してくださいね。

まとめ

ストレッチしたけどどこも伸びていない感じがしたり、筋肉が固すぎてうまくできない方は、

是非一度、整体をお試しください。

まずは筋肉をうまく動かせる状態を作ることから始めましょう。

また、歩いているし、運動もしているけど、腰痛が取れない。毎日、重だるいという方は、

歩くフォームや筋肉の使い方で負荷がかかり続けているのかもしれません。

歪みを取ってから歩き方などの指導もさせていただくのでお気軽にご相談くださいね。

腰痛の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る