「肩こり」肩を揉んでも楽にはなりません。

肩こりが辛いとき、どこを揉んでほしいですか?

肩こりを常に感じている人たちが、「あー肩がしんどー」と思って思わず触るところってどこでしょうか?

おそらく、反対の手で肩の上をさすったり揉んだりしたくなりますよね。

肩の上部には、肩こりに効くとされるつぼ(経穴)が存在します。

ほとんどの方が、このつぼのある肩の上部や肩甲骨と脊骨の間を揉んでほしいと思うのではないでしょうか?

 

でも、それでは肩こりは楽にはならないのです。

 

脇の下をさすってリンパの流れをよくするだけで!

肩のマッサージをしても楽にならないとお悩みの方へ

こちらの動画を参考にして、違うところの循環をアップしてみましょう。↓

肩こりが辛い時に、強く肩を揉んではダメだというお話は今までも何回かしてきたので、

どうしてダメなのかというのは、ここでは省きますね。

ココで言う「揉む」とは、皆さんの思っているような強さではないかもしれません。

どちらかというとさすって、体液循環のあるべき流れを手助けする、そんなイメージです。

 

で、どこを触ればいいかというと、「わき」なのです。

わきの周囲の「胸と腕の付け根の部位」と、「背中側の肩甲骨の外側」のあたりです。

 

肩の上部を柔らかくしても、肩の動きは悪いまま。

骨 肩甲骨

肩こりを訴える人の多くが、肩の可動域が小さくなっています。

肩甲骨の動きが悪いのですが、これは動きにくくなるような位置に肩甲骨や腕の骨が移動してしまっているのです。

だから部分的な筋肉に負担がかかり、その部分の筋肉の緊張や疲労を招きやすい。

可動域が小さいので、動かしているようでも筋肉が動いておらず体液循環が悪くなっています。

そうして肩がこりやすい悪循環にはまっているのです。

 

大事なのは、可動域を広げてあげる事。

これが出来れば、部分的に筋肉が疲労する事を予防できるし、体液循環が滞りなく行われます。

回復物質が届きやすいので、肩こりが慢性化しにくくなるのです。

多くの人が揉んでほしいと思う肩の上部ですが、ココを時間をかけて柔らかくしたとしても、

わきの下の筋肉が固いと、肩甲骨は上がったままで動きが制限された状態は変わりません。

だから、わきの下をしっかりとほぐすと、肩甲骨の可動域が増えたり、肩甲骨が正しい位置にもどりやすくなります。

そして肩こりが楽になったり、肩こりになりにくい体になるのです。

 

皆さんが今まで思っていたよりもより優しい刺激で、動画を参考にして是非わきの下の体液循環を促進してみてくださいね。

毎日辛い肩こりでお悩みの方はこちらをクリック

肩こりの最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る