肩こりに負けないカラダをつくる方法とは?

肩も体の一部。だから肩こりも全身のバランスから見ていかないといけません。

  • body_woman肩が凝っているときに、肩ばかり揉んでも楽にならない。
  • 肩を強く揉んでも肩の可動域は広がらない。
  • 足首が固いと首が凝る

このようなお話は、今までもしてきましたね。

しんどい部分ばかり見ていても、だめだよ〜ってことです。

肩が凝る人は、肩が凝りやすい姿勢になっちゃっているのです。

その姿勢は、単に肩甲骨の位置が悪いだけでなく、それプラスで腕の位置が悪い人や、骨盤の傾きが強すぎる人など様々です。

 

体を元気にするには、体液の循環をあげることがポイント。

例えば、肩こりを解消したいなら、血流をよくしてあげる、体液の循環を上げてあげないといけません。

体液が滞りなく流れていれば、人には「自然治癒力」があるので勝手に発痛物質や疲労物質は排泄されて、回復物質が届けられます。

滞りなく流れている人は元気で健康です。

 

疲れる日があっても何日も肩こりが辛くて・・・というふうにはなりません。 skip_girl

 

体液循環を阻害している歪みやねじれを取ってあげて、

部分的に負担がかかるような姿勢を改善してあげると体はきちんと回復していきます。

整体で体が改善していく理由は、歪みが取れて体液の循環がぐっと良くなるからです。

 

人それぞれにいろんな癖があって、自分の体の負担を大きくしてしまっている。

今日は、そのなかでも特に腕のねじれをとる体操をお伝えします。

以前は、手をウエストに当てて肘を前に出したりする体操をお伝えしましたが、今日のはそれよりもっと簡単です。

ストレッチしてるという感覚は少ないと思います。

体の状態に合わせて、ご自身がやりやすい方を実践してください!

 

 

腕のねじれが強すぎると、腕を使う動作のときに、部分的にしか筋肉を使えないので肘や手首が痛くなったり、肩が凝りやすくなります。

PC作業のように、力なんて全然必要ないし〜と思っていても、ねじれた腕では負担が大きくなるのです。

「腕の部分的」というのは、多くは親指から肘の外側にかけての筋肉と、

そこから上腕の外側を通り肩の上部の筋肉ばかり使っている事です。

 

ここが凝っている人が多いですね。

 

凝っているところを触る人は多くてもその反対の、二の腕の部分やわき、小指側の筋肉を意識する人少ないですね。

使わない筋肉だから弱って、二の腕なんかはタプタプが気になるのです。

筋肉は骨の周り全体にあるのに、腕全体を使っていない証拠ですね。

 

今回の体操は二の腕のタプタプがきになる人にも良い、

腕のねじれを正しく戻して肩への負担も少なくする体操ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

動画の中でもお話ししているように、これだけでは肩が楽になった〜とは感じにくいかもしれません。

『「肩こり」肩を揉んでも楽にはならない』の記事の中にある動画も合わせてダブルで実践していただくと

効果が高くなりますよ!

肩こりの最新記事

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る