肩こりがひどく頻繁に出る頭痛も諦めないで大丈夫。鎮痛剤からの解放

先日の日曜日は、暑いくらいの陽気でしたね。

ボクは、室内で仕事してましたが、子供たちは公園で水遊びしてたようです。

まだパンツで遊べる3歳児。良いですね。

 

ども、神戸三宮の「ひふみ整体」足元から不調を改善する整体師軍団のボス、大塚です。

 

今回のテーマは、

肩こりがひどく頻繁に出る頭痛も諦めないで大丈夫。鎮痛剤からの解放

 

もし、あなたが、肩こり、目の疲れがいつもあって、それらがひどくなってくると頭痛がでてくる。

病院に行ったけど、肩こりからですね〜と言われてお薬を渡され、

今までは鎮痛剤を飲んで、なんとかごまかしてきたけど、

お薬を飲まずにこの体をなんとかしたい。

 

そんな風に願っているのでしたら、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

 

 

今回「口コミ・お客様の声」を書いてくださったのは、30代の看護師さんです。

Kさんは、仕事が忙しくなると肩こりがひどくなり、

放っておくと頭痛が出て鎮痛剤が手放せない。

最近はその頭痛が頻度を増して週に3〜4回は出て困っていました。

 

肩こり、頭痛だけでなく、むくみ、目の疲れ、腰痛もあり、

このまま看護師の仕事を続けていけるのかまで考えていた状況でした。

 

そんなKさんが、最初は1週間に1回のペースで10回

4回目からは、頭痛の頻度もグッと減り、今では月に一回出るか出ないかまで改善されました。

 

今は状態に合わせて3週間から1ヶ月に一回のペースで施術を受けられています。

では、さっそく「口コミ・お客様の声」をごらんください。

30代 看護師 女性

川原さん口コミ

どんな悩みをもっていましたか?

頭痛がひどくなった(起こる頻度が増えた)

元々肩こり、むくみ、目の疲れ

予約するときに何か迷いはありましたか?

雰囲気も含めどういう感じか(痛くないのはどうか)と思った。

実際に施術を受けてみていかがでしたか?

自分の体との向き合い方を知ることができた。対処法など。

施術後は体が軽くなる。施術を受けているうちに頭痛の回数が減った。

自分の身体に何か起こっていて、

どういう状態かを知るだけでも心が軽くなると思います。

Kさん、ご協力ありがとうございました。

*あくまで個人の感想であり、効果を実証するものではなく、効果には個人差があります。

 

Kさんのように肩こりから頻繁に頭痛で悩んでいる方に

ボクは、きっと力になれます。

なぜこんな自信たっぷりに言い切れちゃうのか?

 

それは肩こりがあって、ひどくなると頭痛が出て、薬を飲んでいる。

そんな人たちを、お薬を飲まなくても快適に過ごせるように、

開業してから12年、今までた〜くさん改善してきたからです。

 

ではKさんはどんな感じで改善していったのか、をお伝えしますね。

 

Kさんは、実は、肩こりだけではなく腰痛も時々でて、むくみも気になっていました。

姿勢や、動作チェックをして、日常生活についてカウンセリングをしていった結果、

Kさんの不調の原因は、「循環の悪さ」と「足元」にありました。

 

仕事中に、頭痛が出ることが多いKさん。

バタバタ忙しい時や、頭でいろいろと考えている時に出やすいということ。

 

では忙しく、頭もフル回転している時、人の体はどうなっているでしょう?

体は気が上がってしまい、肩の位置もあがり、上半身が前のめりになることが多いんです。

 

「気」って何?と思いましたか(^^)

ちょっとこんな話にお付き合いください。

 

漫画なんかを読むとわかりやすいのですが、

登場人物が怒っている時、緊張している時って、どんな絵でしょう??

肩が上がって髪の毛が逆立って頭に湯気が(^^)

こんな状態です。

 

「緊張する=あがる」「頭に血がのぼる=怒り」

というふうに、体の上の方に気や血があつまってしまうと、

気が上がった状態で疲れが出やすい状態と言えるんです。

 

逆に「肚を据える(はらをすえる)」「地に足がついている」

といったように、気や意識が下半身に集まった方が落ちついて疲れにくい状態だと言えます。

 

だから、ボクが言う循環というのは、血液・体液だけでなく、

気の流れのことも指しています。

 

Kさんは体の循環が悪くなっていたので、

循環をあげていく施術を主に行いました。

 

すると、肩こりもむくみも循環の悪さからくる「単なる結果」なので、

同時に改善していくのです。

 

ちなみに、ボクが行うのは、気功ではありません。

「手が暖かくて、気功ですか?」とよく聞かれますが、

気功の使い手ではありません(^^)

 

でも、きっと誰の手からも「気」は出ているだろうと思ってます。

絶対、良くなってほしい。そんな想いをもってしているので、

そういう意味では「気」なのかもしれませんね。

 

気功と間違われるくらい、すっごくソフトに触っていくだけで、

関節の調整をしたり、筋肉に働きかけて全身の循環をあげていきます。

 

気が上がってしまう原因のもう一つは、足元の不安定さにあります。

 

あなたは、立って靴下がはけますか?

片足で安定して立てていないということは、

うまく重心が安定していない。コントロールできていないということ。

 

グラグラしていて足元が安定していない一つの指針ですので、

転倒しないよう注意しながら、一度やってみてくださいね。

 

ボクの施術はとても、優しく行います。

足首を持って、1分ほどでも体は変わります。

「エッ!?さっきと違う。今は足の裏全体で立ってます」

「え、もう変わったんですか」と驚かれることも多いです。

 

優しい刺激だからこそ、

体の反発が起きにくく、しっかりと変わっていくのです。

 

仕事はなかなか休めないし、いろいろと考えないといけないこともある。

そんな頑張らないといけない状態で、頭痛や不調があるのは本当に辛いですよね。

 

ボク自身も腰痛で動けない時間を過ごしました。

この時は本当につまんなかった。

もうこのまま腰の痛みは良くならないんじゃないか、

そんな不安な日々を過ごしました。

 

やりたいことができないのは本当に辛い。

それをボクは知っています。

 

もしあなたが、この記事を読んで、

私も頭痛を止めたい、体を変えたい、

そんな強い気持ちがあったらボク達に託してほしい。

 

一人で頑張りすぎずに、まずはお気軽に相談くださいね。

 

感謝。

肩こり | 頭痛の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る