子供の巻き爪に要注意

こんにちは。

巻き爪マスターの大塚あきです。

今日も笑顔の足で、足から美健康レッツ!

 

「子供の巻き爪に要注意」

  • 子供も巻き爪ってなるの?
  • 痛いって言わないから大丈夫でしょ。
  • 子供だから、すぐ治るんじゃない。

あなたがそんな風に思っているなら、とっても危険!

今すぐお子さんの足を見てあげてください。

 

何より、覚えて欲しいのは、巻き爪は勝手には治らないってことです。

一般的に売られているグッズでは巻き爪は治りません。

予防するグッズでは治らないのは当然です。

 

巻き爪の子供はどうなるか?

痛い・くさいはもちろんですが、もっといろんな影響があります。

  • 勉強に集中できない。
  • 部活が頑張れない。
  • おしゃれな靴が履けない。
  • 友達とのプール・裸足の体育の授業が恥ずかしい。
  • 就職活動の靴が痛くて履けない。
  • 就職先の靴までも心配になる。
  • 歩き方に癖ができる。
  • 肩こり腰痛などの不調が出やすい。
  • 足元が安定していないので疲れやすく、心が安定しない。
  • 老後、腰が曲がりやすい。
  • 寝たきりになる。。。

あなたは自分の子供のこんな未来をほっておきますか?

 

しかも、子供は運動する機会が多かったり、代謝が盛んです。

これはどういう事かというと、、、

膿みやすいってことなのです。

 

爪が巻いてきて皮膚に刺さってくるのが巻き爪。

皮膚の下に向かって爪が入り込んでしまうのが陥入爪。

どちらにせよ、爪が皮膚に当たる部分は傷となります。

 

運動をしてたくさん汗をかく子供の足は、、、不衛生になりがちです。

だから、傷から炎症を起こし膿んでしまう可能性も高いです。

 

当院には、中高生の巻き爪の方もいらっしゃいます。

運動部の方も多く、衛生状態がよくありません。

炎症を起こしている方がほとんどです。

子供は炎症の進行も早いので、親が気づいた時にはすごい状態・・・何て事も。

 

結構子供って親にすぐ言わずに、我慢してしまったりする子も多いんですよ。

ちょうど中高年って、そんな年頃ですよね。

 

でも大丈夫。

当院ですぐに矯正すれば、炎症も最小限ですみます。

 

 

もう一つ気になる子供の足の状態は、「指あげ歩き」

地面につく時に指を使って歩けていない子が8割くらいもいるというデータが出ています。

指あげ歩きは、巻き爪でなく外反母趾の原因にもなります。

肩こり、頭痛、便秘、むくみなど体の不調を訴える可能性が高く、心も安定しないなる可能性も。

とっても怖い「指あげ歩き」

あなたのお子さんは大丈夫ですか?

 

簡単にチェックしてみましょう。

  • 指の甲に豆ができていないか。普段そこに靴が当たって皮膚が硬くなっています。
  • 仰向けでリラックスした時に、足指が甲の方へ反っていないか。
  • 片足立ちで、フラフラしないか。

指あげ歩きを解消したい方は、

足元安定整体がオススメですが、

簡単にご自宅でもケアしてみましょう。

 

「指まで使って歩く足作り」

① 足指で、グーチョキパーをする。

チョキは二つのバージョンがあります。

親指を下げるチョキと、親指をあげるチョキ。どちらもできるようにしましょう。

 

② 足裏をつけて、指の力で、曲げ伸ばししながら前に進む。

座った状態でもいいので、指を曲げたり伸ばしたりしながら、指で地面をかいて進みます。

 

他にもありますが、今回はいつでもどこでもできる方法をお伝えしました。

お風呂の中でもできますよ。

 

あとは、家の中ではなるべく裸足で生活させてください。

そうすれば、爪の状態・指の状態・炎症の状態など親がチェックしやすくなりますしね〜。

 

もし気になることがあれば、いつでもご連絡くださいね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

笑顔の足をあなたにも。

 

巻き爪センターへのアクセスはこちら

 

 

 

巻き爪の最新記事

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る