巻き爪とO脚の関係

こんにちは。

巻き爪マスターの大塚あきです。

笑顔の足で、足から美健康レッツ!

今日は、巻き爪とO脚の関係について。

ご自分の脚をじっくり見てみてください。

  • 指が浮いている。
  • 膝が、まっすぐ前を向いていない。
  • 太ももの外側が張っている。
  • (脚を投げ出して座ると)足裏は両方内側を向いている。
  • (脚を投げ出して座ると)つま先がまっすぐよりも内側へ倒れている。

 

こういった状態だと、o脚になりやすいといえます。

チェックが多い人は、脚がねじれて、不安定な状態となっている可能性大!!

今現在は膝や腰に痛みがなくても、将来のために足元を安定された方がいいですよ〜。

 

そして、当院でO脚で来られるかたの半数以上は、巻き爪でもあります。

それでも痛みが出ていない状態で過ごせているのは、爪切りの方法が正しくできているなどの他の理由が考えられます。

O脚になるような脚の状態であれば、

ちょっとしたきっかけで巻き爪になる危険も孕んでいますので、ご注意を。

 

なぜかというと、

足が不安定で指までしっかりと支えていないかたは、O脚の危険だけでなく、

巻き爪になる可能性も高いということです。

 

爪というのは、ある程度圧力がかからないと退化してしまいます。

つまり、足指を使って地面を踏みしめて歩いていない人は、、、

爪への圧力がかからず爪が退化=巻き爪になってしまうということです。

 

もちろん、巻き爪になる原因というのは、爪の退化だけではありませんけれど、

O脚で

 

「対処法」

脚の裏をまんべんなく揉む!これです。

指の裏やかかとまで、力は強くなくてもいいので、全体にもんで柔らかくすると同時に、

全体が使えるよう刺激を入れてあげましょう。

ハイヒールを履いていたり、自転車生活、車生活のかたは余計にこれをする必要があります。

 

毎日体を支えてくれている脚の裏。

感謝していたわり、ケアをしてあげましょう。

 

O脚や巻き爪は一つの結果です。

正しい歩きかたや体の使い方などができていない、爪への意識がない。。。

その結果ですから、

時間と心をかけてあげましょう。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

具体的なケアの方法をお知りになりたい場合は、

ご連絡くださいね。

巻き爪センターへのアクセスはこちら

 

笑顔の脚をあなたにも。

感謝。

O脚 | 巻き爪の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る