寝たきりにならないためには、まずやはり「足元が重要」です!

厚生労働省が発表した

「高齢者が寝たきりになる要因」は、

  • 脳血管疾患(脳卒中)
  • 認知症
  • 高齢による衰弱
  • 関節の疾患
  • 転倒や骨折
  • 心疾患
  • パーキンソン病

です。

このうち、関節の疾患や転倒、それによる骨折、などは予防できます。

高齢による衰弱も、どこか衰弱するのかにもよりますがある程度予防できますね。

高齢になると、筋力は落ちてきます。

でも少ない筋力でも大丈夫。

 

大事なのは、バランスなのです。

筋肉の状態を良く保ち、正しい体の使いかたを身につけられると、

バランスが崩れにくく、寝たきりになってしまうリスクを減らすことができます。

 

片足立ちしてフラフラするならバランスが崩れているかも。。。

 

ひふみ整体に巻き爪矯正を受けに来られる方からも、

「このまま年を重ねるともっと不安だから」

「脚って大事だから、ちゃんとケアしとこうと思って」

という声を良く聞きます。

 

家族で介護の経験があったり、

もしくは、独身だったり、体の不安があって、

将来に不安をお持ちの方は、

先々のことまで考えているのですね。

 

私も自分の祖母が、転倒して寝たきりにならなければ、

足元の重要性に気づけなかったかもしれません。

 

今は、子育てをしながら、

やはり足元の重要性を感じています。

 

小さいうちから、年を重ね幾つになっても、

体を支える足は使わないことはありません。

 

そうはいってもなあ〜と思っている方もいらっしゃるでしょう。

もし少しでも

  • 正しい歩きかたを知りたい。
  • どうやってたつのが楽なのかわからない。
  • ひざが痛くて、つらい。
  • 足の長さが違うのが気になっている。
  • 将来家族の負担になりたくない。
  • なるべく元気に好きなところに自分でいける生活を続けたい。

こんな風に思っているなら、

私たちは、お力になれると思います。

 

正しい歩きかた。

足のケアの方法。

ひざ痛や腰痛のない体の使い方などをお伝えできます。

片足立ちしても、フラフラしない安定した足の状態を作ることで、

あなたのお悩みを改善できるかもしれません。

 

まずはお気軽にお電話ください。

笑顔の足をあなたにも。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

O脚 | 外反母趾 | 巻き爪の最新記事

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る