運動やトレーニングは、ベストな体の状態で!

皆さんこんにちは!
ひふみ整体のかわさきです!

 

最近iPhoneで、何気ない風景を撮るのにハマっています。

「懐かしい雰囲気の

 写真にしてくれるアプリ」

を導入して、楽しんでいます。

撮った写真をいくつかご紹介。

☝️(外灯と空)

☝️(ひふみ整体がある北の坂)

☝️(JR ホーム)

 

どうでしょうか?^^

なかなかの雰囲気ではありませんか?笑(自画自賛)

日常の風景を簡単にいい雰囲気にしてくれます。

DAZZカメラというアプリですが、おすすめです^^

もっと写真の腕を上げたい、、笑

 

 

さて、今回は

「運動を始める前に

 気をつけていただきたいこと」

をテーマにお伝えしたいと思います。

 

新型コロナの影響を受けて

「テレワーク」を余儀なくされた方も多いのではないでしょうか?

 

そんな中、当院に来られる方で、

ご自身の「運動不足」を気にされている方が増えています。
 
運動不足を補おうと、

ジム通いや運動(最近YouTube動画の体操をされている方も増えてます)を

自主的に始めた方もおられます。

 
運動は、

不調の改善にとても有効な方法です。
 

辛い肩こりなどは、

運動することによって改善されるケースが多いです。

ですので運動は、体のコリやだるさが気になる方にとって

積極的に取り組んでいただきたいことの一つです。
 

しかし

一つだけ運動を始める前に

「気をつけていただきたいこと」

があります。
 

それは

「体がちゃんと動いて使えるか」

ということです。
 
ここを最初に押さえておかないと、

デメリットが増えて、
とてももったいないことになってしまいます。

 

デメリットは次の通り、

疲労が増える。

・体を痛めてしまう。

・体のラインが崩れる

・思ったほど効果が出ずに運動を諦めてしまう。

以上の4つです。

 

健康にいいはずの運動が、

どんどん体に悪い影響を与えることになってしまいます。

 

なので

運動をする前に、

「自分の体は

 ちゃんと動いて使えているか」

ということを確かめる必要があるのです。
 

では、

さっきから繰り返しお伝えしている

「ちゃんと使えて、動いている」

とは一体どういうことなのか。

 

それはつまり

関節がスムーズに動いて、

 尚且つ、使う筋肉を意識して使える

という状態です。

 

関節が引っかかっていると、

動かす時に体は余計な力を使うことになります。

 

例えると、錆び付いたボルトとナットみたいなものです。


 
余計な力を使うということは、

それが負担になり、疲労につながります。
 
そして、使う筋肉が偏っていると、

その筋肉だけが発達し大きくなります。
 
さらに使われていない筋肉は

どんどん意識から薄れて、使われなくなっていきます。
 
その結果、発達した筋肉に頼ることになり、

体全体のバランスが崩れていきます。

 

要は、体がちゃんと使えないと成果が出にくいばかりか、

体を痛めてしまう危険性があるのです。

 
なので、今回一番お伝えしたいことは

 

せっかく運動やトレーニングをするのであれば、

 

「体がベストな状態かつ、

 安全な状態で行いませんか?」

ということなのです。
 

ベストな状態とは、繰り返しますが

「関節がスムーズに動いて、

 尚且つ、使う筋肉を意識して使える」

という状態です。
 

この状態をまずは作ってあげることで、

あなたの運動やトレーニングの成果は

2倍にも3倍にも上がることになります。

 

ひふみ整体では、基本となる

足元から全身を整える特殊な整体
を行なっています。
 
とてもソフトな整体ですが、

的確にアプローチを行うことで

 

体への負担を最小限にしつつ、

「体を動かす前のベストな状態」

作っていきます。

言い換えれば「準備」のことです。

 

施術後は

「体が軽くなった」

「体が動かしやすくなった」

と、多くの方に実感していただいています。

 

 

自分のために始めた運動。

是非ともご自身の健康のために

続けていただきたいと思います。

 

そのためには

「適切な事前準備」

をお勧めします。

 

気になる方は、お気軽にひふみ整体へご相談くださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

あなたからのご連絡お待ちしております^^
 

お知らせの最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

採用情報
スタッフ紹介
院内のご案内 お問い合わせ

ページ上部へ戻る