体を早く改善したい方は、来院間隔がポイント!

みなさんこんにちは^^

ひふみ整体のかわさきです。

朝晩は少し涼しくなってきましたね!
 
昨日はエアコンを付けずに寝ることができました。
 
でもまだ昼間は暑かったり、、、

朝晩と昼の気温差には十分気を付けていきましょう!

 

先日ですが、

通っていただいているクライアントさんから

「なんで来院間隔を詰めた方がいいの?」

と質問をいただきました。
 
そのほか

「次回来るまでにどれぐらい間隔を開けるほうがいいの?」

という質問もいただきます。

 

確かに、整体院などに通うときは

「一体どれぐらいの間隔で行けばいいのか」

は気になりますよね。

 

そこで今回は、

「来院間隔を詰めることの必要性と、

クライアントさんへのメリット」

について書いていきたいと思います。

 

結論から言うと、

「初回来院から数回は、

 来院間隔を詰めていただくこと」が有効

だと僕は考えています。

 

回数はその人の状態にもよりますが、

「はじめは少し詰めて通うのがお勧め」です。

 

なぜなら、間隔を詰めて施術を受けることは、

クライアントさんにとってメリットが多いから

です。
 
反対に

調整の間隔が空いてしまう場合は、

不調の改善が長引いたりする可能性が高くなります。
 

間隔を詰めると、「改善のスピードが速くなる可能性」があります。

その理由は、以下の通りです。

 

理由①
適切なタイミングで施術を受けるから。

理由②
体の癖が元に戻ってしまう前に調整できるから。
 
理由③
短期集中で、クライアントさんの時間的な負担を軽減できるから。 

 

 

詰めて来院していただくことで、

「適切なタイミングに、適切な調整」

を体に与えることができます。
 
それにより

不調を改善するまでの「最短ルート」を進むことができるのです。
 

「適切なタイミング」とは、

言い換えれば「体の状態が元に戻ってしまう前」です。

 

トラブルを起こしている体を解決していくには、

正常な状態を体に何度も覚え込ませていく必要があります。

 
ですが、

はじめの段階では、体はすぐに元の状態に戻ってしまいます。

 

体には「なるべく今の状態を維持しようとする働き」が備わっています。

 
これを、「ホメオスタシス」または「恒常性(こうじょうせい)」というのですが、
 
今までの不調やトラブルがある体は、なるべくその状態を維持しようと働いてしまうのです。
 
これがあるために、せっかく初回来ていただいて調整を行い、体が変わり始めたとしても、
 
以前の「調子が悪い状態の体」に引き戻されてしまうのです。

 
ですので、初回の調整で変わった体が

「元に戻ってしまう前」=「適切なタイミング」

に何度も調整をしていく必要があるのです。

 

そして、

次回の来院期間が開けば開くほど、不調を抱えている期間が長くなります。
 
そうなってしまうと、単純にクライアントさん自身が辛くなってしまいますね。

 
以上、これらの理由から、

僕のクライアントさんだけでなく、ひふみ整体に来られる方は、

はじめの段階にしっかりと詰めて来院

いただいています。

 

僕自身も、クライアントさんを施術して感じているのは、

初回来院から

月に6回来られるクライアントさん」

月に1回来られるクライアントさん」では、

 

不調やトラブルが

改善していくスピードが格段に違う

ということを感じています。

 

 
スポーツの練習でも同じですが、早く上達するのは、

「適切な練習を、何度も行うこと」です。

 

なので、シンプルに言いたいことは、

「不調を早く改善したいなら、

調整間隔を詰めた方がいいですよ^^」

ということです。

 

ひふみ整体では徹底した検査の元、その人に合わせた施術を行っています。

 

その人が

「少しでも早く楽になってもらうには

 どうすればいいのか?」

を、日々考えて施術をしています。

 

早くよくなるための最大のポイントは

「調整をする頻度と間隔」です。

 

今回は、クライアントさんからよく聞かれる質問について書いてみました。

 

参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

 

 

お知らせの最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

採用情報
スタッフ紹介
院内のご案内 お問い合わせ

ページ上部へ戻る