なかなか不調が改善しないと感じている方、「〇〇」が重要です!

なかなか改善しないのは?

皆さんこんにちは!

ひふみ整体のかわさきです!

9月も残り三分の一。
これからは気温がどんどん下がってくると思うので、体調管理には気をつけましょう。

 

 

さて今回は、体調管理にも直結する

「初回施術の時に僕たちが必ず聞くあること」

をテーマにしたいと思います。

 

早速ですが、僕たちが必ず初めの施術で聞くことがあります。

一体なんでしょうか?

 

それは、
「水を意識して飲む習慣があるか」
ということです。

 

これがあるかないかで、

その方の改善スピードが変わってきます。

 

どう変わるのか?
それは
「水を飲んでいる人の方が圧倒的に改善が早い!」
ということです。

 

「水を飲むといい」というのは、

皆さんどこかしらで聞いたことがあったり、
なんとなく分かっていることだと思います。

 

ですが
当院に来られる方で、水が大切だと分かってはいても、
初めから意識して実践されている方は、

僕の感覚で3割ほどに留まります。(少ない、、( ´Д`)y)

 

そのような方には水の大切さを伝えて、

少しずつ実践していただいています。

 

では水を飲むことによって、

どのようなメリットが得られるのでしょうか?

 

そのメリットとして「不調を改善していく」

という観点では、大きく3つあります。

 

以下は、不調を早く改善していくための大切な要素になります。

 

 

 

その①

〜血液の流れが良くなる〜

 

水を飲むと血液の流れがスムーズになります。
それにより、体の隅々まで栄養が流れやすくなります。
そうなると、傷ついている場所、炎症が起こっている場所に

「回復のための栄養」

が早く送り届けられるため、不調改善スピードが上がります。

 

その②

〜ウイルスや菌の侵入を防ぐことができる〜

 

病原体が侵入してしまった体は大変です。
不調の回復なんか後回しになります。
病原体を早くやっつけないと

「人間は死んでしまうからです」
このような大変な状態が続いてしまうことで、不調への対処が遅れます。

 

ウイルスや菌は主に「目、口、鼻、腸壁」などの粘膜に付着して、

僕たちの体の中に侵入してきます。
体の粘膜は、これら

侵入者を体内に入れさせないように守っています。

水分が減って体が乾いてくると、

粘膜も乾燥してしまい、その機能を失ってしまうのです。

水を飲むことで

ウイルスの侵入を防ぐ粘膜を潤し、

粘膜の防御をより強くすることができるのです。

 

 

その③

〜体に溜まった老廃物が流れやすくなる〜

 

体に老廃物が蓄積していくと、疲れが長引くことや

痛みがなかなか引かない原因となります。

水を飲むことで、血流やリンパの流れがスムーズになり、

体に溜まった老廃物を外へ出すスピードがアップします。
よって、体は「回復しやすい」状態へと変わっていきます。

 

以上が水を飲むことによって得られるメリットです。

 

 

水を飲む習慣をつけるだけで、

「体内の環境は確実に変わっていきます」

 

回復しやすい体の状態+施術調整

で、体はどんどん良くなっていくのです。

 

反対に水の量が少ないということは、前述の通り
不調の改善が遅れてしまう

ことを意味しています。

 

ですので

「お水を飲みましょう!」(スゴいシンプルでしょ(^^))

ひふみ整体が推奨する1日に必要な量は

「体重×30or40cc」です。

たとえば、50キロの方だと「50×30or40cc」なので1.5リットル〜2リットル。

 

今まで改善が早い人の傾向を参考にしています。

 

ですが、そんなに無理!という方もいると思います。

そのようなときは
「今飲んでいる飲み物を水に変える」

という方法もおすすめです。

 

いつも飲んでいるコーヒーを水に変えてみる。
何気なく毎日買って飲んでいる甘いジュースを水に変える。
たったこれだけのことを続けるだけで、

「最高の体調管理」ができます。

 

今回は僕たちが初回の施術の時に必ず伝えている

「水の大切さ」について書いてみました。

少しでも参考になれば幸いです。

 

ひふみ整体では、単にクライアントの体を調整するだけでなく、改善に必要な習慣を

「なぜ必要なのか」

という観点からお伝えしています。

 

正直にお話しすると、僕たちがいくらいい施術をしても、

その人の体はその人の習慣にかかっています。

症状だけを施術や調整でねじ伏せても、

原因や習慣が変わっていなければ、何度でも同じ症状が出てしまいます。

 

僕たちができることは、よくなろうとしている人に寄り添い、そっと背中を押すことです。

不調の原因となる習慣を一緒に変えていきましょう。

そのためにまずできることは

「水を飲むこと」です。

 

気になる点や疑問点などは、お気軽にひふみへご連絡ください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

 

 

 

ひふみ整体は2003年10月に神戸、三宮の北野坂に開業しました。
兵庫県、三ノ宮の各路線(JR、阪急、阪神、地下鉄)から北へ徒歩約3〜5分。
関西近郊や、県外からも定期的に通われる方がいる整体院です。

「土台となる足元から全身を整え、諦めざるを得なかった人生を再チャレンジできる整体院」

をコンセプトに掲げ、今年で18年目を迎えています。

腰痛、肩こりはもちろん、

自律神経の乱れ(頭痛、めまい、不眠、疲れ、だるさ、吐き気、)による、様々な不調に対応しております。

現在、日本自律神経整体協会関西リーダで活動している、院長の大塚真也は、エネルギー療法、自律神経整体、キヅキヒーリング、リメディ療法、など、骨格筋にアプローチする手技だけではなく、様々な視点から身体をみることにより、

これまでに述べ、5万回以上、施術を行ってきました。

その中で培った経験と知識をもとに、うつ、不登校などにも対応しています。

その他、最新のトレーナーの知識も積極的に取り入れており、

身体の使い方からクライアントにあった提案をすることで、根本的な解決を目指しています。

足元を重視する整体で培った知識と経験のもと、三宮巻爪センターも併設しております。
「巻爪の原因は足の使い方によるものが大きい」という考えから、
「ただ矯正する」のではなく「一生巻き爪を繰り返さない」ことを目指して、

「徹底したアフターケア」「ゴルフボールでの足指のトレーニング」「歩行指導」などを取り入れています。

矯正器具は、「日本フットケア整体協会」指導の元、株式会社リフレプロジャパンの特許取得製品 、意匠登録製品(日本製)「巻き爪矯正インベントプラス」を使用しています。装着時は痛みがなく、様々な形の爪に対応可能。
神戸の巻爪センターの中では特に再発防止に力を入れています。

お知らせの最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

  • 2018.10.24

    脊柱管狭窄症

    腰が痛く、立ち上がったり、起き上がったりするのが辛い 一定時間…

  • 2018.10.24

    四十肩・五十肩

    急に腕が上げられなくなった 肩に激痛が走り、ズキズキ痛んで夜眠…

  • 2018.10.28

    頭痛

    初めは肩こりだけだったが、頭痛も感じるようになってしまった ズ…

採用情報
スタッフ紹介
院内のご案内 お問い合わせ

ページ上部へ戻る