プロのピッチャーが肘の手術 再び体が思い通りに動いてくれるようになった時の喜びの声

石川俊介さん 元プロ野球選手 東灘区

大塚:ひふみ整体に来る前はどんな事で悩んでいましたか?
 
石川さん:私自身、阪神タイガースに5年間やってたんですけど、
来院した時は、2年目の手術した後に、思うように、手術する前の投球が出来なくて、肘の曲げ伸ばしも、自分的に上手くいかなくて、
 
投球動作の中でも、何て言うんですかね・・・
思った通りのボールがいかない。
一生懸命投げても、良いボールがいかない。
大塚:うんうん。
石川さん:そういう事を悩んでいて、
これはトレーニングが原因なのかなと思って、
 
まずはトレーニングで、大塚先生も知ってるとおり、
團トレーナー、ゴールドジムにちょっと一度足を運んで。
大塚:はい。
石川さん:そこで團トレーナーの紹介で、大塚先生のひふみ整体を聞いて、
体のメカニズム(?)じゃないですけど、
そういう事を悩んでいるなら、やっぱひふみ整体行った方がいいよと言われて、
 
自分の悩みと、ひふみ整体のその施術のやり方、それが一致したんで、
その悩みを持ったまま、ひふみさんの所に、来ました。
 
大塚:じゃあ一番最初は肘が・・・でしたね。
 
石川さん:それは一番ありましたね。
 
大塚:じゃあ、実際に施術を受けられて、体(肘)はどうなっていきました?
 
石川さん:どうなってくる・・・日に日に、回数を重ねるごとに、
まずは、施術を受けた後は、肘が良く伸びるし、
曲がる角度も、だいぶ曲がるようになって、
 
そこでシャドーピッチングとかすると、ほんとにスムーズに体が連動して動くって言う・・・
 
大塚:そうですね。あの時は肘があんまり曲げたりがね、できなかったですもんね〜。
 
石川さん:はい、あきらかに、その時に実感できたんで。
 
大塚:はい、良かったです。
じゃあね、施術を受けて、最終的に体ってどうなっていきましたか?
 
石川さん:そうですね、自分が感じたのは、あの〜最後の最後、
最終的に治療を受けて、
 
その時に、体の芯に一本線が入ったような、
 
姿勢がいいだけではなくて、
その~足のつま先から、指の先、頭のてっぺんまで全部、
神経が届いているというか、
大塚:うんうん。
石川さん:自分の言う事を聞いてくれる体になった、
ていうのが、やっぱピッチャーやってたんで。
 
その~神経質じゃないですけど、些細なことばっか気にしてやってたんで、
そこ(神経が行きとどいた事)も気にした事は、何て言うんですか・・・
体が言う事を聞いてくれた。
 
最終的に、思った通りの動きが出来た。
で、一本、線が入ったのかなっていう感覚になれた。
 
 
大塚:良かったです。ありがとうございます。
では、これから来院される方に、メッセージをね、頂けたらなと思うんですけど。
 
 
石川さん:はい。まあ一番は、先生方、皆さん良い笑顔で、話の中に笑いあり。
大塚:フフフッ
石川:そんなこと言っていいのか分かんないですけど、
やっぱり、人間関係大事じゃないですか、
コミュニケーションって。
 
大塚:うんうん。
 
石川さん:施術してても、暗く受けるよりは明るく楽しい中で、自分の悩みを言って、それに答えて返ってくる。
 
で、体良くなる。
 
そういう先生方ばっかり、と私は感じたんで。
 
大塚:はい。
 
石川さん:あの~よく悩む方いると思うんですけど、どこの治療院行ったら良いかな、とか、
体が楽にならないかなとか、思う人いると思うんですけど、
そういう悩みを持った方は、ぜひ来院してほしいなと私自身思います。
大塚:石川さん、ありがとうございました。
※施術の感想はあくまでも個人の感想であり、施術の効果を保証するものではありません。

お客様の声の最新記事

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る