朝起きたら首が痛い、寝違え?頚椎ヘルニア?

首が痛いと辛いですよね。d9c1c39165dcbf503be344067978f860_m

ちょっと横を向こうとした時にズキッとしたり。。。

体って痛めた時に、すごく不便を感じますよね。

ちょっと右向くだけやのに、こんな動きの時にも痛いやん・・・となってしまいます。

こんな時は出来るだけ早く痛みを取りたいものです。

首の痛み=寝違えと思いやすいですが、

他のことも考えられるんです。

それって寝違えじゃなく頚椎ヘルニアかもしれません

頚椎ヘルニアって聞いたことありますか?

ヘルニアというのはラテン語で脱出するという意味があります。

「飛び出す」という意味だから体にはいろんなヘルニアがあります。

一番聞いたことあるのが腰のヘルニアで腰椎ヘルニア(ヨウツイヘルニア)と言います。

他にも足の付け根にできる鼠径ヘルニア(ソケイヘルニア)や首の椎間板から髄核が脱出した頚椎ヘルニア(ケイツイヘルニア)などがあります。

今日皆さんに知って欲しいな〜と思っているのが頚椎ヘルニア。

頚椎ヘルニアについて

頚椎ヘルニアというのは首にある7つの骨の間にある椎間板というところから髄核が突出して神経を圧迫してしまうこと。

首の骨の間にはいろいろな神経が走っていて、とても重要なところ。

脳からの命令を全身に送り届ける神経がぎゅっと集まっているし、

とっても重たい頭を支えているんです。

デスクワークでパソコンをする時の顔が前に出た姿勢や、

スマホを長時間している時の姿勢など、首にかかる負担が現代社会では非常に多い。

 

首の筋肉に負担がかかることでの頚椎の変性や、加齢による椎間板の水分量の減少など、

頚椎ヘルニアになる要因はたくさん考えられます。

 

首には神経がたくさん通っているから圧迫されると不調もいろんな種類がでやすく、

肩こりや首痛、背中痛、手がしびれたり握力低下、他にも頭痛や耳鳴り、めまいなどを招いてしまうこともあります。

首の動きに応じて痛みやしびれが出たり、くしゃみや咳で痛みが増えたりするのも特徴です。

 

軽度の頚椎ヘルニアの場合はコリ感や痛みなどを感じるので、

ちょっと寝違えて痛いのかと間違えやすく、放っておくとどんどん悪くなってしまうこともあります。

 

重度になると簡単にできていた手での作業がうまくできなくなったり、

歩行障害、立てなくなることもあるので注意が必要です。

しびれがひどくなってきたり、状態がなかなか改善しない時は、整形外科に行ってMRIやCTなどで検査をしてもらうほうがいいですね。

 

ついつい、まぁ大丈夫やろって思ってしまいがちですが、

転ばぬ先の杖も大切です。

 

気になることがある時は一人で考え込まずにまずはお気軽にご相談くださいね。

 

頚椎ヘルニア | 首こりの最新記事

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る