体を整える視点から見た「好きなことをどんどんやる重要性」

好きなことどんどんやろう

みなさんこんにちは!

ひふみ整体のかわさきです。

残暑が厳しい日が続きますが、いかがお過ごしですか?

 

僕は、最近アイスバックにハマっております^^

頭を冷やすことで、涼しさを得ることができます。

ひふみ整体でも販売しているので、気になる方はスタッフまで👍

 

 

さて、今回は体を整える視点から見た

「好きなことをどんどんやる重要性」

について。

 

みなさん、「好きなこと」はありますか?
そして最近それを「楽しめて」いますか?

 
自分にとって「好きなこと」というのは、

体の調子を整えるためにとても重要なこと

の一つなんです。
 

なぜ重要なのか?

それは、人が心身ともに健康に過ごすには

「自分を満たす」必要があるからです。

 

自分を満たせていないと、些細なことでイライラすることが多くなります。

 
普段は気にも止めない些細なことでも、自分に余裕がない状態では爆発してしまうこともあります。

 

 

そして何より、

心と体はつながっているので、

心に余裕がない時は体に不調となって現れます。

 

例えば・・・
 
みなさんには、一人一人に

「自分を満たす」ためのコップがあります。

 
このコップにはある程度水が溜まっています。

「自分を満たす」ということは、

このコップの水を満タンにして溢れさせることを意味します。

 
このコップを満たすには、

自分が心から

「楽しめる時間」

「好きな時間」

を積極的にとる必要があります。

 

 
そうして、常にコップを満タンにしておくことで、

人は心身共に健康に過ごせるのです。

 

しかし、
 
体に不調を抱えている人は反対に、

このコップの水を使って人に与えています。

 

 
「自分を満たす」こと(水を入れること)を後回しにして、

どんどん他人に自分の水を分け与えています。

 

 

そうするとどうなるか。
 
コップの水は枯渇してしまいます。

 

 
それでもなお、自分の水を与えようと無理をし続けるうちに

心が疲れてしまい、体に不調が現れるのです。

 

 

自分の水を無理に分け与えることとは、

一言で言うと

「自分の欲求を無視して、人に合わせ続ける」

ということです。

 

 

一方、コップの水を満たしている人は、

水が溢れ出た分で人に与えることができる

ので、無理なく人に合わせることができます。
 

 

自分のコップが

「枯渇している状態」と、

「溢れ出ている状態」とでは、

「人に合わせて与える」ということでも、

全く違ったものになってきます。

 

 
だから、

常に自分を満たしておく

必要があるのです。

 

 
そして、自分を満たすためには、

自分が好きなことに積極的に時間を使う

必要があります。

 

 
あなたは、好きなことはありますか?

 

もしたくさんあるけれど、できていないことがあったら、

ぜひ自分の心身のためにそれをどんどんやってあげてください

 

 

反対に

「好きなことがない」

「好きなことってなんだろうか、、」

という方は、自分の好きなことをこの機会に探してみてください。

 

 

ここで好きなことを探す上でのポイントを2つお伝えします。

 
それは、

「普段の日常の中で探す」

ということと、

「1人でもすぐにできることを探す」

ということです。

 
好きなことというと、

「旅行」とか「飲み会」

とかを想像する方がいます。

 
もちろんこれらもOKですが、「旅行」は、今はすぐに行けるものでもないですし、

「飲み会」などの人が関わることは、

どうしても時間が合わなかったりして、環境に左右されやすいです。

 

 

前述で

「自分のコップを満たし続ける必要がある」

と書きました。

 

 
自分の好きなことは、自分自身が「これは好きだ」と思えるものであれば、

なんでもOK。

スケールの大きさはあまり関係ありません

 

 
この場合は、スケールより「数」です。
 

自分が好きだと思えることを、

日常にどんどん散りばめていってください。

 

 
ちなみに僕は

・朝、コーヒーを飲む10 分のひととき。
・部屋においてあるギターをニヤニヤしながら眺める。(趣味でアコギやってます)
・アップル製品を眺める(アップル信者です)
・SF小説を読む。(現在はサピエンス全史を読み進めています笑)
・たまにお酒とスルメイカ(イカが大好きです)
・秦基博さんの音楽をきく。(「鱗」という曲がおすすめ)
・近所の「山のお茶屋さん」でおでんを食べる(これはたまにしか行けない)
・「青空レストラン」というテレビ番組をみる(毎週土曜日美味しい物を紹介しています!)
・ラーメン屋巡り。
・喫茶店巡り。(古めの純喫茶)
・新幹線を見にいく(新幹線が大好きです)
・たまに映画(映画館の雰囲気が好き)

これらの好きなことで自分を満たしています。
 

 

 
もしかすると、

「そんなことをしている時間がない!」

という方もいるかもしれません。
 

 

そのような方は、

1日3分

自分のために時間を使う

ということから初めてみてはいかがでしょうか?

 

 
自分の好きなことを思い浮かべる

そして、まず やってみる。

 

 

自分のコップを満たしてあげましょう^^

 

 
今回は、体を整えるという視点からみた

「好きなことをどんどんやる」重要性をお伝えしました。

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

ひふみ整体は2003年10月に神戸、三宮の北野坂に開業しました。
兵庫県、三ノ宮の各路線(JR、阪急、阪神、地下鉄)から北へ徒歩約3〜5分。
関西近郊や、県外からも定期的に通われる方がいる整体院です。

「土台となる足元から全身を整え、諦めざるを得なかった人生を再チャレンジできる整体院」

をコンセプトに掲げ、今年で18年目を迎えています。

腰痛、肩こりはもちろん、

自律神経の乱れ(頭痛、めまい、不眠、疲れ、だるさ、吐き気、)による、様々な不調に対応しております。

現在、日本自律神経整体協会関西リーダで活動している、院長の大塚真也は、エネルギー療法、自律神経整体、キヅキヒーリング、リメディ療法、など、骨格筋にアプローチする手技だけではなく、様々な視点から身体をみることにより、

これまでに述べ、5万回以上、施術を行ってきました。

その中で培った経験と知識をもとに、うつ、不登校などにも対応しています。

その他、最新のトレーナーの知識も積極的に取り入れており、

身体の使い方からクライアントにあった提案をすることで、根本的な解決を目指しています。

足元を重視する整体で培った知識と経験のもと、三宮巻爪センターも併設しております。
「巻爪の原因は足の使い方によるものが大きい」という考えから、
「ただ矯正する」のではなく「一生巻き爪を繰り返さない」ことを目指して、

「徹底したアフターケア」「ゴルフボールでの足指のトレーニング」「歩行指導」などを取り入れています。

矯正器具は、「日本フットケア整体協会」指導の元、株式会社リフレプロジャパンの特許取得製品 、意匠登録製品(日本製)「巻き爪矯正インベントプラス」を使用しています。装着時は痛みがなく、様々な形の爪に対応可能。
神戸の巻爪センターの中では特に再発防止に力を入れています。

健康促進の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

採用情報
スタッフ紹介
院内のご案内 お問い合わせ

ページ上部へ戻る