巻き爪が痛くて諦めていた社交ダンスをもう一度、楽しめるようになった80歳

こんにちは。

巻き爪センターの大塚あきです。

今年はラニーニャ現象で寒くなりそうですね😥

しっかりと体を温め、保湿していきたいと気合を入れています。

 

さて、今日は、「また社交ダンスを楽しめるようになった80歳」のかなさん(仮名)のお話。

まずはお写真はこちら。↓

右足が特にひどく、出血の跡が見られました。

社交ダンスをしていて、ある時痛いなっと思って見てみたら、血が出ていたそうです。

かなさんの不安は、

1、他にも病院にたくさん行くので、爪の矯正の時間がとれるかしら。。。

2、もう80歳だから、もうよくならないんじゃないかしら。。。

3、ワイヤーってどんなの?痛いかしら。。。

 

と言うものでした。

でも、帰りは、笑顔で、

「来て良かったです〜〜」と言っていただけました。

一回目のワイヤー矯正後は、このようになり、歩く時の痛みもなくなったそうです。

右の施術前       後↓

施術前         後↓

左足も目立った出血はないように見えますが、施術前は、爪の端は皮膚に刺さってしまっていて、

爪の端が見えませんね。

持ち上げてみると、爪の端によって皮膚が少し傷ついているのがわかりました。

同時に矯正していて良かったと思います。

 

施術中も、痛いかしらとハンカチを握りしめていらっしゃいましたが、

このような感想をいただきました、

「足ってね、見えないから怖いけど、あなたが色々と細かく説明しながら、してくださったから、

実況中継みたいで、安心できました〜。あ〜ホッとしました〜」

 

とても嬉しいです。

もちろん、出血しているかたは、施術に痛みを伴う場合の方が多いですし、

痛みの感じ方には個人差がありますので、

まったく出血のない方でも、まれに痛いと言う方もいらっしゃいます。

 

でも、なるべく痛みが少ないようには、努力させていただきますので、

不安な方は、お気軽に御相談くださいね。

 

さて、この方は、ご自分の年齢を気にしていましたが、

2回目の写真はこちら。↓

ちゃんと元気な良い形の爪へと変化していますね。

ただ年齢的にあまり爪が伸びないので、通常一ヶ月から一ヶ月半で掛け直すワイヤーは、

一ヶ月半〜2ヶ月に一回の掛け直しで行っています。

こういったことで、時間的な不安も解消していただけました。

 

もちろん、ワイヤー矯正中も社交ダンスを続けられていますよ。

今後もどのように改善するか、楽しみですね。

 

年齢で諦めてしまわないで。

ダンスや、運動が続けられるか心配しているかたも、ぜひ一度御相談くださいね。

 

あなたからのお電話お待ちしております。

感謝。

巻き爪の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る