爪が伸びると巻き爪が痛くて、テープを挟んでしのいでいました。

自分で、テープを挟んだりはとてもしにくくて大変でした。いまはとても楽になりました。

60代 京都府 主婦

ワイヤー矯正3回目の様子

%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%93%ef%bc%93%e5%9b%9e%e7%9b%ae

 

 

 

 

 

 

 

69歳、京都府 主婦

yasukokoe
右足親指の右側の爪が巻き込んでいく。巻き込んだ爪をあげてバンドエイドを挟んでいたが、月に1〜2回くらい痛んでいた。

1回目は施術後少し痛かった。長く歩くと痛かった。

爪が食い込むことがなくなってよかった。痛くなることがなくなった。

腰もよく右だけ痛くなることが多かったが、減ったように思う。

ずいぶんと楽になるので、一人でケアをしている人は。痛みを我慢しないでいちど、

施術を受けてみるといいとおもいます。

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

 

この方は、巻き爪に加えて、足の循環がかなり悪くなっていてむくんでいました。

けっこう多いパターン。

まあ、爪が食い込むことで皮膚が引っ張られたり、血管が押しつぶされて、循環が悪くなってしまうからなのです。

こういう場合、巻いている爪をさらにむくんで盛り上がった皮膚で包んでしまうということが起こります。

だから、爪のまっすぐさはもちろん出ましたがそれだけでなく、

皮膚のむくみ、膨張も無くなってきました。

「1回目 ワイヤー後」

%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%93%ef%bc%91%e5%9b%9e%e7%9b%ae

「2回目 ワイヤー後」

yasuko2

「3回目ワイヤー後」

%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%93%ef%bc%93%e5%9b%9e%e7%9b%ae

 

ご自身の判断で3回目のワイヤーで終了しましたが、

その8ヶ月後にまた、少し反対側が痛みが出てきました。

この時は、爪切りで対応しました。

 

 

現在も定期的な爪切りでワイヤー矯正は、していません。

やはり、「正しい爪切り」大切ですね。

 

ワイヤー矯正しながら、

足指のケア、歩き方、そして爪切りの仕方などもお伝えしていくので、

再発を防いでいけるのです。

 

お悩みのある方は、

痛みがひどくなり膿んでしまったりするまえに

どうぞお電話ください。

 

あなたにも笑顔の足を。

巻き爪の最新記事

price_btnお問い合わせはこちらから

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る