ぎっくり腰と巻き爪の親密な関係

こんにちは、巻き爪マスターの大塚あきです。

 

今日は

「巻き爪で来られる方の多くは、腰痛や膝痛といったお悩みもある」

というお話し。

 

腰痛や膝痛にお悩みで、爪も巻き爪だという方は、

体のバランスがかなり崩れているのでは、、、考えられます。

 

あなたが、

「急に重い物を持った」

「ずっと変な姿勢で座っていた」などと原因のはっきりした腰痛ではなく、

  • なぜだかわからないけれど腰が痛い。
  • まだ若いのに膝が痛い。
  • そういえば、爪の形も巻いているかも。

と思うなら、ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

きっと希望が持てるはずです。

 

ご紹介するのは、50代の方、お仕事では車の運転やお菓子の卸をしています。

ぎっくり腰を年に数回は繰り返すというSさん。

足の指を押すと、爪の両側が痛くなるようになって、来院されました。

爪が巻いているなと思ったのは、2~3年前からだそうです。

 

現在の様子  5回目ワイヤー矯正後  2016.9月現在

img_1212

見ていただきたいのは、爪の形がキレイになっているのはもちろんなのですが、

指の形、皮膚の突っ張り、人差し指の状態などです。

 

最初は、人差し指にくっついたようになっていますが、

今は、ちゃんと離れていますね。

 

この指の状態だと、しっかりと指の腹全体で地面を捉えられる状態といえますが、

最初の状態だと、、、どうでしょう?

親指は斜めに地面について、

人差し指はほとんど使えていない感じがしませんか?

 

実際に親指や、指をまんべんなく使えていない人ってとっても多いのですが、

この方のように指どおしがくっついてしまっている状態だと、

意識だけでは指全体が使えるようにはならないですよね。

 

だから、ゴルフボールケアで足の筋肉の緊張や癒着をとっていく必要があるのです。

 

この方は、ぎっくり腰や右ひざだけ痛めたこともありました。

そこで、歩行を見てみると、

  • 中心軸がない。
  • おしりをよこにふりふりしている。
  • 足裏は小指側から着地している。
  • 肩が左右にすこしふれて、ふらふらしている。

このような状態だったので、

体全体のバランスをとり、体の軸を使えるようになるとっても簡単な体操をお伝えしました。

 

すると、年に数回していたぎっくり腰ですが、

まだ来店してから、(半年以上たちますが)

ぎっくり腰をしていないそうです。

 

足指を使えるように、巻き爪矯正したことと、

ちゃんと体操して頂いているおかげですね!

 

お仕事の合間も、駐車場でもして頂いているそうなのです!

 

それくらい簡単な体操でも、

整体を受けていただかなくても、

しっかりと体が変わる事、良くあります。

 

巻き爪は、足の指の爪だけの問題。。。ではないのです。

体を支える土台の足指であり、

地面と接地している大事な部分なのです。

 

ですから巻き爪矯正は、

あなたの体と、未来を変えることにつながります。

 

ただ形が丸いだけ?!

ちょっと痛いけど我慢できる?!

いやいや、膿んでしまったり、

体が悲鳴を上げる前に、体からのサインに答えてあげてもらえませんか?

あなたからのご連絡おまちしております。

 

 

あなたにも笑顔の足を。

 

ぎっくり腰 | 巻き爪の最新記事

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る