看護師さんがなりやすい腰痛、ちょっとの注意で防げる腰痛予防法!

腰痛になりやすい職業第一位

ひふみ整体で職業別でランキングをつけてみると、

看護師さんが一番、腰痛を抱えていました。二番目は介護士さん。

やはり重い体を支えてあげたり、介助するときなどに負担が多くかかる職業が腰痛を招きやすいみたいですね。

あと看護師さんや介護士さんは夜勤があったりして、体のサイクルがどうしても乱れやすいのも不調を招く要因の一つです。

腰痛になるきっかけはこんな動き

腰痛になりやすいタイミングを聞いてみると、

寝たきりになっている方の体を動かしてあげるときなどに痛めてしまうことが多いようですね。

他にも、遠くにあるものを取ろうと、目一杯体を伸ばして取ろうとした時にグキッとなった方もおられました。

二つの動作で痛めてしまう時の共通点は体幹を安定させることが出来ていない状態で、体を動かした時が引き金になっているんです。

遠くのものを取る時はまず体を寄せよう。

では実際に、どう動けばいいのか。

それは体から離れている物を取ろうとするとどうしても、それの土台部分となる胴体は負担がかかりやすい。

引越し屋さんなどは物を持つ時に、必ず体を物にできるだけ近づいてから物を持ち上げます。080359

だから細い人でも重たいものを持ち上げることができるのです。

「体の重心にできるだけ近い所で持つ」これがポイントです。

と言ってもできない環境の時もありますよね。

この時は「お腹を引っ込めてから動作に入る!」

軽くお腹を引っ込めることが体幹を安定させることになるので腰痛予防に効果的です。

足幅を広げるだけで体は安定する

遠くのものを取るときなどは片足重心になっていたり、不安定になっていると腰痛を招きやすい。

だからしっかり両足で立つことが重要。

両足で立てない時は両足で立てるところで作業することを心がけてほしい。

そして足の裏全体で地面を踏めていれば、腰痛のリスクがさらにグッと減ります。

そのために具体的にしてほしいことは、

いつもより少し足をワイドに開き、つま先を少し外側に向ける。

これだけで7割以上の方が足の内側が使いやすくなります。

今抱えている腰痛や時々、腰痛が出る方、ぎっくり腰を年に2回以上する方などは、

お仕事中の体の使い方を変えていくことが腰痛にならない為の近道です。

看護師さんや介護士さんはぜひ試してみてくださいね。

 

 

腰痛の最新記事

おすすめ記事

求人について
スタッフ紹介
みずぽっと体操

お問い合わせ

ページ上部へ戻る